2004.06.07

如何様にも

如何様にも

過去に何度か引用などしていた ring-ok07 さんのサイトです。
ご紹介が遅くなってすみません_o_(私信)

テーマは主に日常で、いわゆる日記といった雰囲気なのですが、文章のセンスと発想が(私的には)普通の日記と違います。ご自分をものすごく見つめていらっしゃる上、観察眼もするどい。それでいていかにも日常を感じさせる微笑ましさが好きです。
2月頃と現在では作風(?^^;)が変わっていらっしゃるようで、その頃の記事もご覧になると、きっと二度、楽しめます^^;。

日記でありながら、何に対して反省し、何に対してポジティブに行動すべきかを示唆してくれているかのようです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.06.01

すっきり Yahoo :p

なんとなくうれしいので別記事にて。

これくらいの差があると、Yahoo の方をメインのサーチエンジンにして google をサブにしようかな、とか思った。
でも Yahoo はトップページになんか ActiveX が乗ってるみたいで警告が出てうざい+検索窓にフォーカスが行くようになってないのでうざいです。この辺はもうちょっと考えてほしいなぁ。

これに加えて、トップページは余計なものが多すぎ、というのがあったんですが、これを書いた直後ですが、以下の URL を bookmark することにしました。

Yahoo! JAPAN Search Results

こりゃすっきりしてていいや^^;。
www.yahoo.co.jp を信頼済みサイトに入れるのに抵抗があったんですが、このページを bookmark して search.yahoo.co.jp を信頼済みサイトにしました。これで警告も出なくなります。
フォーカスが検索窓にいかない問題までは対処しませんが、これで Yahoo を使うモチベーションが上がったかも^^;。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

お、Yahoo がよくなったかも

最近 google ばっかり使ってましたが、ぴっくあっぷ。さん経由で落ちこぼれアフィリエイト: Yahooからのアクセス無くなる を見て、そういえば今日はアクセスが少ないかも、と思い Yahoo でここ最近のこのサイトのリンク元上位キーワードを入力してみました。

(感想は執筆日現在のものです)
Yahoo!検索 - ヒロシです Google 検索: ヒロシです
…トップじゃん…-_-

Yahoo!検索 - 絶対音感 Google 検索: 絶対音感
んー(自分のページの出てくる位置的には)あんまり違いは無いかな…?

Yahoo!検索 - web拍手 Google 検索: web拍手
Yahoo!検索 - おれおれ詐欺 Google 検索: おれおれ詐欺
おぉ、公式関係サイトがたくさん。多分以前は一ページ目に出てたはず。ページをめくっていってもこのサイトはなかなか出てきません。philosophical と併記すればトップに出たので無くなったわけではないようです。

Yahoo!検索 - させていただく Google 検索: させていただく
お、重要そうなサイトが前半に来てます。

なんていうか、ここに挙げたような当サイトにたどりつく上位キーワードを見ても分かるとおり、今までただ紹介しただけのページがトップクラスに出てて紹介先のオリジナルページの方が順位が低いなんてことがあったりしてなんだかなぁと思っていましたが、Yahoo の検索結果がだいぶいい感じになったような気がします。
これくらいの差があると、Yahoo の方をメインのサーチエンジンにして google をサブにしようかな、とか思った。

でも Yahoo はトップページになんか ActiveX が乗ってるみたいで警告が出てうざい+検索窓にフォーカスが行くようになってないのでうざいです。この辺はもうちょっと考えてほしいなぁ。


ところで、落ちこぼれアフィリエイトさん。PermaLink 形式を月別にしていらっしゃるようですが、コメント/トラックバックが MovableType 標準テンプレートの別窓方式じゃないため、トラックバック画面にいけません。これだとコメント付かないんじゃ無いだろうか…。ping URL は AutoDiscovery 情報から取り出しましたけど^^;。これはココログのバグかな…?
(追記)記事ごとの PermaLink に変更されたそうです。リンク修正しました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.05.24

MyClip した記事 ~2004.05.22

今までに MyClip で clip した記事の一覧です。ニュースではなく、普遍的に価値あると考えられるものを主に clip しているので、消えたら困るということで転載して残しておきます。過去の clip はこちらです。

■05/22 日本の借金時計
わーぃ。増える増える〜。
ネタ元は ring さん
■05/22 拙文が批判された件ついて
コメントの議論が有意義。
コメントしたいが時間が無い…-_-。>といいつつ結局記事書いてみたり…。
■05/20 石井典彦先生の命を守る会
すごい。もう4000万円。あと少し〜。
やっぱり熱意は伝わります^^/。
http://sechiyama.seesaa.net/article/99154.html
■05/19 信用できる人、信用できない人
人に話を聞いて欲しいなら、普段から信用を得る技術を身につけねばですね、ということを淡々と語られています。:)
■05/19 「BBSが荒れる」とは
自分の理想のコミュニティにできた/なった=ある種の人を排除したに過ぎないってことですね〜。コミュニティの文化が変化しただけであり、それははたして改善なのか?ってことで。
■05/17 言葉の値段
面白いっす^^/。
■05/16 鼻血の正しい止め方
嫁さんが困っていたので^^;。
■05/15 Winny 開発者逮捕 (1)
ものすごく興味深いです。なぜテレビが見れているのか?コンテンツのクオリティが下がったと嘆く人は特に必見。鳥と卵ではありますが。
■05/14 ブログはキャズム(ハイテクの落とし穴)を越えてブレイクするのか?
現在はキャズムは越えたといえるでしょうけれど、この構造はマーケティングを知る上で欠かせない。
■05/13 フォント表示サンプル
無難な CSS への参考として…てか、フォントのことを考えなくてすむようにならんのか…-_-
■05/13 陰謀論との付き合い方   ヤサシイ(?)サヨクの杞憂曲
陰謀論の定義に注目〜。賢いやつがいくら賢かったとしても、世界をコントロールすることはできませんってことで。
■05/13 モノ書きの老婆心:「匿名性」を護るために
「匿名だから中傷したって逃げられるという幻想」をたいへん解りやすく説明されています。また、その幻想が匿名のよさまで殺してしまうということも。
■05/12 世界最速の光ファイバー量子暗号通信に成功
すげー、としか^^;。特に光子一個を1bit ってところが。ついに平文と同サイズの使い捨て鍵を使った暗号が。
■05/12 近距離で自殺を目撃
こんなことも blog だからこそ…。
■05/10 賢い質問のしかた
ここと一緒に読んでみるとか:p
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/5656/
■05/09 死ぬかと思った
ネタ元はバカぽんさん。
>http://bakapon.way-nifty.com/kimaden/2004/05/post_25.html
■04/28 css.maxdesign.com.au
CSS の応用例ならここ、って感じ。ことのはさんより。
■04/23 NGOとかNPOとかボランティアとか。
続く第15回までいくと「正義とは何?」という話になってしまうけれど、とにもかくにも知っておいて損はない話。「弱者の特権の濫用」或いは「確信犯」というキーワードにも絡みそう。
■04/23 強みの強化は弱みの補強に勝る
自分達に足りないものは?ではなく自分達には何ができる?ということ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.10

村田真さんの blog

日本での XML の第一人者、村田真さんのブログをはてなダイアリー - 揮発性メモ経由で見つけたのでご紹介を兼ねて~。

それに、blogははっきり言って読みにくい。自分が追いかけているblogはほんの僅かしかない。上にあげたメディアのほとんどは、あるテーマにもとづいて整理されている。しかし、blogは玉石混交である。どのblogを見ても、興味のない話題は多い。私が追いかけているblogもその例外ではない。blogを読むのは、賢い時間の使い方かどうかはたいへん疑わしいと思う。

あぁ、すごぉく共感します^^;;。興味深い記事もたくさんあるわけですが、特定多数の人を追いかけだすと、誰しも常に自分の興味にマッチする記事を書くわけがないので、(ほんとは全部読みたくても)時間が足りない身として読み飛ばし/未読溜め込みするわけですが、読み飛ばしする時間を合計するといったいどれくらいの時間が費やされているのやら、と^^;。
最近はブログを見るほうも割り切りつつありますけど。当然、このサイトを読んでいただいている方にも無駄な時間を使わせてしまっている面も多いでしょう_o_。

あまりに高いハードルである。文書を書きたいだけの利用者が、スキーマの手直しまでするだろうか? スキーマの手直しをする人を確保するのもよいが、無料という訳にもいかないだろう。それにスキーマをいじれば、スタイルシートもいじらないといけないのである。ああXML文書編集はあまりに難しい。

スキーマに僅かな制限があって自分の表現したいものが表現できない場合、Relax であればスキーマの手直しも楽になっているが、だからといってコンテンツ担当者がスキーマを手直しする、というスキームでは普及は無理だ、というお話。RDF なんかは description 部分には全く制限をつけていないから普及しましたが、文書のメタ情報部分以外=コンテンツボディ部分までスキーマを適用しようとすると、必ずといってよいほどこの壁に当たるように思いますね。SOAP 等、インターフェイスを繋ぐ対象が双方ともコンピュータであるドキュメントであれば問題になりませんが。
インターフェイスに情報を投入する側とインターフェイスから情報を取得する側の非互換。興味深いです。
もちろん、テキストとしての編集のしにくさと妥当性維持が面倒であることもですね。以前 XML-users-ML で話題になっていた終電問題ですか^^;。

一才七ヶ月の長男の暴力に悩んでおります.絵本を読めと要求し、こちらがすぐに読まないと絵本の角で顔を殴りつけます(これがまた痛いんだ).メッとにらむと、大粒の涙を流して泣くので、あやすために結局絵本を読む羽目になります.今日は,寝たふりをしていると、顔を思いっきりひっかかれました。

うちの娘は家族三人で寝てる時がもっとも暴力的です…。足癖悪ぃよ-_-。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.22

MyClip した記事 ~2004.04.22

今までに MyClip で clip した記事の一覧です。ニュースではなく、普遍的に価値あると考えられるものを主に clip しているので、消えたら困るということで転載して残しておきます。

■04/22 口にできないこと ---What You Can't Say---
「ナードはいつでもトラブルに巻き込まれる」名言。全体にわたって資料的価値が非常に高い文章群。何度も読み返したい。
■04/21 「サード・スペース」の憂鬱
自分の神経質を棚に上げて他人に怒る。身に覚えのある人、多いでしょう〜。
■04/20 同意や同情は解決を遠ざける
人間関係をよくするためだけなら有効、と。それも表面上だけなんだけどね。もちろん心からの共感はよいこと〜。
(カトゆー家より)
■04/17 Home English Home
楽しく正しい英語を身につけましょう。だそうです。楽しいか否かは不明:p。
■04/14 MSの月例アップデート、Outlookの脆弱性などに対応
月例で緊急ですか:p。WindowsUpdate しませぅ〜。
■04/13 そのサイトは本物? 偽アドレスバーを使った新手のPhishing詐欺
銀行などからのキャンペーン/警告などを装ったメイルの偽のログイン画面に注意。アドレスバーも詐称。
■04/12 いやな法則
うん、おもしろいです。:)
■04/12 『心臓病の先生救って』
どうか、この情報が広まる事を…。
■04/12 Live キーワードセンター
http://ringok07.exblog.jp/92990/
より。なるほど、みんなの頭の中を覗けますね^^;。
■04/11 認知的不協和理論
自己正当化への流れ。「感情を隠す論理」の典型。
■04/10 愛されることは、愛することよりも重要か?
論文。http://www.pluto.dti.ne.jp/~rinou/
より。
■04/08 ■ネットだけど、本当の話
がんばれ。盛り上げろ〜。
おいらも振り込みたいな…。ただ、似たような状況の方はきっとたくさんいる…。周りの人の熱意が如何に伝わるかだ。熱意溢れるので、是非、読んでください。
■04/05 誰が恩恵を受けてるんだ?−大量の陳腐化人材という錯誤
能力/成果主義をがんがん推進したら、成果を出せない大多数はどうなるんだろう…。
■04/03 作成者本人が死亡したウェブログはどうなる?
残っていて欲しいと思う人。ある意味遺書代わりでもある^^;
■04/02 成果主義の崩壊
人を見ていない偽成果主義はダメというお話。(正しい)成果主義って会社と従業員が持ちつ持たれつなものと思っていたのに世間ではやっぱり間違った運用がされてたのね。ちなみにうちは正しい成果主義実践ちぅ。
■04/02 復職交渉中、休職とは?
敢えて IT としましょう:)
大変参考になるし、考えさせられます。
■04/01 集団コミュニケーションにおけるノイズの定義
これは個人的にもうちょっと露出させてもいいと思うので初自 clip。
■04/01 スーパーマリオ リローテッド
あー面白かった:) 知人向けに紹介^^;
■03/31 アイフルのおねーさんを落とせ!
ぴっくあっぷ。さんより
■03/30 言葉の暴力
まさしく今考えていること。論に溺れる危険について。結局自省が重要なわけだけど。
■03/30 「援助」と「断罪」の技術
他人に干渉することも利己的行動。
■03/30 やっぱり悪口ばかり書いていたらいかんね。
ニュースサイトの苦悩^^;。率直で面白いです。ネタ元 http://www.mypress.jp/v1_writers/punimoe/
■03/30 話が違うヒルズ事故12件も
はい。やっぱりですか。
■03/30 聞いて…アロエリーナ…
小ネタ集の一つ。シリーズですか^^;。
■03/30 男の人ってやっぱり大変かもしれない。
なんか、たのすぃ^^;
■03/29 子供が即死!ヒルズ入口で
回転ドアってどこの馬鹿が発明したんだか…何か実用的な意義があるんだろうか?>あることは解ったので後で書こっと。
■03/28 「自分以外はバカ」の時代
これはあとで考えるための clip
おそらく概ね正しいと感じてます。
■03/28 曖昧さは自分の未熟さ
興味深く
■03/28 GUI オリンピックってなんだ?
G*UI* なのかデザインなのか?これは参加者によって決まってくるんでしょうね〜。もちろんどっちにせよ、楽しみ。
■03/28 誠実な大人について考える
大人は心して読むべし
■03/28 蹴りたい背中
あぁ…いつもいつも考えさせられます…。
クリップしたい記事多すぎですよ ring-ok07 さん。:)
■03/27 しもふさ君
そっそうだったのかっっ!!
■03/27 自動改札機の技?
むぅ、やってるかもしれじ:p
■03/26 問題はCCCDじゃない
大物が、既存の流通網を拒否して世界的に話題を作るしか
■03/26 反抗期
あぁ〜なるほどぉ>「覚えてない」
■03/26 seesaaでもMyClipのclip!機能つけたい!
お疲れさま〜^^;。facet さんのタイプが移植されるまではこちらを。:)
■03/25 はてなダイアリーから外部へのping送信
おぉ〜、すばらしい。ますます多数の目が必要ですねぇ^^;
■03/25 上司や社長の3分類
これはすばらしい文章!!
■03/25 世間、社会、権力、そしてネット
たいへん重要な気がして clip。
日本で自立していると叩かれる?
■03/24 バウムクーヘンの真実
楽しげです
■03/24 ITエンジニアのための転職情報
転職したい人向け、だそうです。
# メールしてくるから^^;
■03/24 ウェブログ幻想曲
よい文章ですね。
■03/23 ブログとネットの心理学
たいへん興味深い。あらゆるフィードバック手段はその利用者のコミュニティを形成するわけだが…
■03/23 企画者的なMyClipの意図。
ここに書いてある現状のポリシーには大賛成。しかし今後予定されるものによって破壊されない事を願う。
■03/23 なぜTCP Over TCPは悪いアイデアか
本来は信頼性の上に信頼性を重ねるのが害になることはないはずだが、信頼性を確保する方式によってこのような問題が起こる、と
■03/23 伝説のプログラマたち
こういう人が給料を貰う立場(=プロ)になろうとすることもままある、と。
■03/23 続・「無断リンク禁止/直リンク禁止」命令に関する想定問答集
よくできてますね。間違ったキャッチーな用語を宛てると盛り上がる、の法則。
■03/22 <落書き>「消すビジネス」活況
マッチポンプきたー
■03/22 インターネットコミュニティと「第三空間」
論争になったのは"それ"が儀礼じゃないからでは。ツッコミどころ満載/イタイ記事に突っ込まないのは儀礼的無関心?
■03/22 書評サイトはつまらないし、MyClipの使い道がわからない。
S/N比という意味ではその通りだけど、可能性への解釈の幅狭し。まぁ私の考える可能性もいつまで残るかは不明だけど。
■03/22 カブトムシの値段がオスの方だけ高いのは差別
こうやって「差別」の拡大解釈が起こり自分達の首が絞まっていくのね:p。
■03/21 マイナス思考にはパターンがある[ストレス]All About Japan
あ〜まだ見てないけど特定知人に見せよう:p。自分はマイナス思考なんてしないけど
■03/21 エンジニアがマジ嫌いな仕事30
意義を理解できない/させてくれない仕事かな。それ以外は全て welcome 〜
■03/21 スケールフリーネットワーク
blogもweb全体をスケールダウンしたスケールフリーネットワーク
■03/21 陰謀史観的ブログ観測
やりたいことが増え過ぎると…というわけです。
■03/21 Mr.カルパッチョ
うるまでるび集大成!!ってか、ドドボンゴ、手遅れかよっ:p
■03/21 TypeKey Overview
こりゃ強烈な囲い込み作戦^^;。たかがコメントされどコメントか…
■03/21 やっぱりIEはダメだ
独自拡張はプロトコル破綻への先導か、あるいは輝ける未来への必然か。「受信は寛容に」のインターネットの原則は?
■03/20 人気を得たいならば日本語でタイトルはつけるべきだと結論したい。
私も失敗したと思っていた組。おかげさまで記事タイトルは頑張ってるかも^^;。
■03/20 誤配と応答
中途半端な一般化の危険。気をつけているつもりでも身につまされる。
■03/19 ネット上の名誉毀損、どう対処する?
企業向け、かな。自分の組織だっていつ憂き目に合うか、だしねぇ。
■03/19 ハジケブーム到来
ネタ元は以下。
http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20040217#p05
■03/19 ネットの中心を見出す中華思想
コミュニティへの帰属意識のあまり、他のものに対する拒否反応が出ることがありますね。
■03/19 MyClipの功罪
「最新を追う」ことばかりプッシュしないで古いよい記事もクリップしようではないか:)
■03/19 コーディングの美しさ
テンプレートの美しさの場合、HTML として、だけでなく如何にうまくテンプレート要素を利用しているかも対象でしょうね

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.03.29

いまや自分のサイトの全てを見ている人なんていない

ほとんどの人の blog がそうである、と思いますね。本人以外に全記事全コメントを追っている人がいる blog っていくつくらいあるでしょうか…。

それは当たり前、で終わるところなのですが、何というか、ごく主観的な話ではありますが、私の場合、以前はそうでもなく、ある人の Web サイトを隅から隅まで見るということも結構していました。知人あるいは特に尊敬する人。いまでもいくつかはあるので、それらの方のサイトは当人以外にすべてを読んでいる人が一人はいる事になりますが^^;。

要するにチェックしたい対象が増えすぎて、とても「人」を追いかけて全部読むということがしきれないわけですね^^;。

いわゆる巡回対象はあくまで「人」単位なのですが、内容のチェックに関してはかなり好感を持っている人のサイトであっても拾い読みになってしまっています-_-。そういう方、結構いらっしゃったりしませんか?^^;

沢山の人の主張などを見れるようになって、特定の人に着目する度合が減少してしまう危機を感じてしまったり。

私が特別に忙しいだけで、そうでも無いという方ももちろんいらっしゃるとは思いますが…。
でも、新たに見つけた(興味/尊敬の対象となる)方がいても、その方が 3,4年も blog を書き続けていたら、遡って読むという人は何人いるか…?
これ、実は blog のアーカイブの形式次第でいくらか改善できそうな気がしないでもないですが。別の言い方をすれば著者が読者に読ませやすくする努力次第、ですか…。

私のページを全部見ている方はいないような気がします^^;。いたら、教えて^^;
てなわけで、私は、やっぱり記事の大量生産はやめます。個々の記事の個性を重視するやりかたで行きます。(追記)どうも、ここに違和感を感じる方がいそうなので改めます。どっちかというと、現在は閲覧者的視点の方が私的に重要です。

もちろん、ニュース系/日記系のように、過去を遡るより今を見続けてもらえばよいというスタンスの方には全く当てはまりません。私は古い記事も大事にしたいということで、今回のはあくまで自己吐露系です_o_。

だいたい、自分の文章って多い且つ読みにくいので読む気にさせないと思われ-_-。すっきり書けるようになりたいものです…。

で、なんとか格言に持っていきたいんですが^^;、こんな感じ?

Web サイトが自分の集大成だったとしても、伝わるのは一部。

(追記)
おいらが今、開始から全部見れているサイト。開始時から見ているからこそ全部見れているわけですが^^;。
さむうお氏 http://gogo.tea-nifty.com/
白桃氏 http://peach.tea-nifty.com/

お友達サイトなわけですが、最近、ネタが洗練されててマジお薦めできるので、再度ご紹介~。

(追記)
タイトル、変えました^^;;

| | Comments (8) | TrackBack (2)

2004.02.25

全ての親へ

あやかパパの記憶

すばらすぃ…全部読んでください。

文句の付け所が無いとはまさにこのことって感じでした。
共感し過ぎ^^;。

感動も情景も言葉にするのがまだまだ下手な私ですが、あやかパパさんの思想はまさしく私の目指すもの、という感想です。それでいて私と違ってそれを表現する能力がまた素晴らしい、と。
嫁さんにも是非読んで欲しい^^;。読んでね。

お子さんのいらっしゃらない方にはこちらで書かれていることにどんな感想を持たれるのだろう…?
「100%無垢な愛情」を知らない、或いは忘れてしまった方たちは…。
自分だったらどうだろう。
5年前だと読み流していただろうか…?
いや、少なくとも思想、教育方針には今と同じように共感していたはず。
けれど、今のような感動は感じなかったかもしれない。


お子さんが自分でこの日記を読み、理解できるようになるまで続けばいいですね~。

私はあやかパパさんを(目標とするのではなく)参考にさせていただき、自身の信念に基づき自己の向上と子供の教育に挑みたいと思います。

正直、自分も子供の小さい時からの記録を後で思い出せる形で残したいと思ったけれど、どうするかは考え中^^;

あやかパパの記憶: 子供の創造力とイマジネーション
うちは「ひねもす」やってます。3歳なのでまだちと早い感じではありますが^^;。
あやかパパの記憶: 習い事(お絵かき編)
大きな画用紙、よさそうですね~。
あやかパパの記憶: 集中・継続する力
「読書離れ」などは割と昔から言われていますが、こういうことなんですねぇ。
ゲームに熱中していたならまだいいのかも。
今は積極的な思考が必要なものではなく、流れ込んでくる快楽にばかり熱中する人が増えている気もしますし…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.24

インターポット参考ページ

google で"インターポット" で検索すると本家ページの次に出現するようになってしまい、少々申し訳無いので、こられた方のためにインターポット関連リンクをご紹介。

公式 Web サイトはこちら。
インターポット世界を研究している(のかよくわからんけど^^;)デンナ研究所。これは公式サイトになるのかな?

あとは、■Interpot Web-Ring■メンバーリストを見ると、インターポットのユーザさん達の情報がたくさんあるようです。(追記:2004/3 に Web-Ring はやめられたそうです。う、別途リンク集は無いかしらん^^;)

おともだちページをいくつかご紹介。

BABY GEE - InterPot 私設ファンサイト - きいのさん
インターポットが始まった頃からのユーザさんで、インターポットの歴史とか書かれています。
暖かさ溢れるページ。

ココログからも。

InterPot生活 さむうおさん
インターポットネタだけでココログするという根性ある御方:p。
落書きのセンスは一級品。
他のセンス?つつかれるセンスも一級品ってことで:p。

White Peach 白桃さん
「InterPot 生息中」ってことでインターポット友達を誘ってココログさせたかもしれじ^^;。
ネタはインターポットばかりというわけでもないです。年齢不祥。


他にも教えてくださればリストアップいたします~。>ユーザの皆様^^;

(追記)
Bulkfeeds と FeedBack で"インターポット"で見つけたページを追加していってみたり。
単にインターポットユーザの blog 開設者リストになったりして^^;。

Simple is best
daiki くんは前から URL 教えてもらってたけどインターポットの話題が最近出されたのでここに追加~。

murmur Brain
紫柚丸さんという方のページ。

神戸観光壁紙写真集
MARI.さん。ココログ上ではインターポットネタはされてないようですが、リンク先のインターポット情報集がすごかったのでおもむろに追加^^;。trackback 送る適切な記事が見つけられませんでした_o_。

てのひら通信
non さん。すみません。インターポットをしていらっしゃる、ということしか解りません^^;;。
何しろキーワードで引っかかった方をおもむろに載せさせていただいちゃってます_o_。

YUIT-LOG
YUIT さん。多分インターポット内でのゆいっちさんではないかなぁ、と思っているのですが^^;。
合っていれば、チャットで何度かお話しましたね~^^/。
あ、デンモニが設置してある。

(追記)
インターポットの生みの親、且つ小ネタで小粋なアニメーションでも紹介したうるまさんもココログへ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.02.23

こんなバレンタインを過ごした人は来月どうなる?

ITmedia PCUPdate:孤独なバレンタイン克服に向けて~ある女IT戦士の作戦

今さらながらかもしれないけど、笑った…。マジで。
業界人でないと分からん可能性はあるけど。

ちなみに一番笑ったのは「見たい夢を見れる機械」な部分

| | Comments (0) | TrackBack (0)