« 集団コミュニケーションにおけるノイズの定義 | Main | Web では共感を探しているのであってコミュニケーションを探しているのではない »

2004.04.01

回転ドアのお話 - とりあえず応急措置

MyClip で以下のような紹介の仕方をした手前、一応自分の意見を書いておこうと思います。他にもたくさんの方が言及していらっしゃり、いくつかは見たと思うのですが、URL をロストしてしまっております_o_。

03/29 子供が即死!ヒルズ入口で
回転ドアってどこの馬鹿が発明したんだか…何か実用的な意義があるんだろうか?>あることは解ったので後で書こっと。
03/30 話が違うヒルズ事故12件も
はい。やっぱりですか。

前提ですが、回転ドアがあのような形態である理由は気密性を保つことにあり、今のところ他の手段では回転ドアの持つ気密性を保持しつつ多数の通行を可能にすることが実現できない、ということです。それが実用的な意義ということですね。でも、あれが危ない(少なくとも恐い)というのは初めて見た時から直感的に解ったもので、昔、深く考えもしませんでしたがなんで自動ドアでいいのにこんなごついものが、と思ったものでした。

そして、
バカぽんの気ままにデンジャラス: 回転ドアが悪い訳ではない
こちらでも言われているように、昔は勝手に回ることもなかったと思います。私は勝手に回らなくても反対側及び直後に入ってくる人間にとって危険と思っていましたけれど。気を使った記憶がありますねぇ。で、実は自動回転なら周りの人に気を使う必要がなくなるというのも実は普及を後押ししたんでしょうね…危険と引き換えに。

それはともかくとして、回転ドアは解ってみれば大したアイデアだ、と思うのですが、やっぱりそれを実用するのはそれ以上に危険だと思います。だから、必要なのはちょっとした対応ではなく代替手段でしょう。

常時警備員が付く、というのでも一応いいとは思いますが、省エネのために人件費というのもなんですし。ほんとは根本的に異なる仕掛けがいいと思っているのですが、どんな形にせよ、閉まる=挟まれる危険性はあるわけですから、まずは最も簡単なのは、バカぽんさんがおっしゃる通り、エレベータにあるようなバンパーの設置ですね。より良いのは回転軸自体が回転への抵抗力を関知して停止するようにすることでしょうか。とはいえ何 kg の抵抗力で停止するのかというと、今回の事故が起こらない程度となると、1~2kg でしょうから、これでは風でも止まってしまいそうです。

あと、出入り口を兼用にしてはいけないと思います。あ、これは自動回転が前提であるかぎりはいいのか…。
んーんと、やっぱり回転ドアとは違った形が思い浮かびそうなんだけど…でもまだそこまで考えてないのでまたいつか…_o_。

巨大になれば死角が増えるのは当然のことですが、早い話、眼下も見えない(120cm以下(笑))巨大トラックが走り回っているようなもので、交通事故が少ないのはトラックが気をつけているのではなくて、歩行者が気をつけているにすぎないという状況が発生しているのだと思います。

全く、その通りですねぇ。

|

« 集団コミュニケーションにおけるノイズの定義 | Main | Web では共感を探しているのであってコミュニケーションを探しているのではない »

Comments

回転ドア=危険、の認識が一般化してしまいましたが、この認識は決して正しくないと思う。小生はこの常識を完全に覆す方法を考案し、回転ドアの主要メーカーに関心の有無を打診しましたが、無しの礫で、全く反応が有りません。それで判ったのですが、この装置の問題は、どうも製造メーカーの熱意と意欲の問題にあるような気がします。外国の製品を持って来ればそれで事済めりと言うような安易な気持ちでは、世間を満足させるような機械は作れません。
1)盲点のない対象物面検出、
2)対象物に対する小さな接触力(ドアの追時、挟撃時)、
3)前方扉に衝突しても衝撃力を受けない
と言う特徴を備えた安全な回転ドアが実現可能です。森ビルが早々と回転ドアの撤去を発表したのは性急過ぎたような気もします。製造メーカーにしても、何かの対策案を発表するところがあっても良いように思うが、全然無いのは寂しい限りである。

Posted by: コー・ラボ | 2004.05.19 12:40 AM

貴重なご意見をありがとうございます。念のためですが私は素人ですので、正直もったいないご意見と思っております_o_。
確かに回転ドアだから危険、というわけではないです。現状の回転ドアでは危険、というのが世論でしょうね(希望的観測ですが^^;)。

メーカーは反応しませんでしたか…。新しいアイデアに目を向けさせるには、何らかのコネあるいは世論に訴えての圧力が必要なのでしょうね…。
もし、ご提案にさまざまな懸念に対する説得力を持たせられるようであれば、論文として公開し、プレスリリースを打つなど見ないわけには行かない状況にもって行く作戦が必要でしょうね。
特許という手もありますね~。

Posted by: Shin | 2004.05.19 01:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 回転ドアのお話 - とりあえず応急措置:

» 六本木ヒルズ事故・心の忘れ物 [異空間==お花畑]
六本木ヒルズの回転ドアの事故がいろいろ取り沙汰される今日この頃だが、私は実は今年1月に六本木ヒルズに行っている。で、その時、結構大勢だったので、大勢でせーのでド [Read More]

Tracked on 2004.04.03 02:47 AM

« 集団コミュニケーションにおけるノイズの定義 | Main | Web では共感を探しているのであってコミュニケーションを探しているのではない »