« 不満を人に伝えるのはよいこと、不満を人にぶつけるのはみっともないこと | Main | 日記:激忙 »

2004.03.08

表現ツールによって個性が強調されたり制限されたりする

Genxx.blog* : 罫線つきノートやBlogは思考の仕方を強制する

こちらの記事を読ませていただいて、ふと(自分のやってる)インターポットの事を思い浮かべてしまった。
インターポットではユーザの土地毎に「看板」というのがあって、それは自身の掲示板といえるものなんですが、その編集画面は「白紙とペン」状態です。

看板

ユーザはこの看板をベースにコミュニケーションするわけですが、時として「この看板だからこそ」と思える表現があって、他のコミュニケーションツールとは全く違った楽しさがあります。
ちょっとサイズが小さいのが難点ではありますが^^;。あ、上記画像は縮小してますよ。

イメージ掲示板みたいなのも世の中にはたくさんあると思うんですが、大抵のものはスタンプなどの「見栄えをよくする替わりに個性を無くす」機能が搭載されていますので、それらもまた思考様式を強制する効果を持っているように思います。

まぁ、インターポットにおいても外部の画像を転写するツールなどをユーザが開発したりしているので、似たような状況になっている面もあるかもしれませんが、もともとの看板への落書き機能がいつまでたっても拡張されない所には、思考/表現方法の制限をかけたくない思いがあるのかもしれないなぁ、とふと思ったりしたのでした。

内容的にトラックバックすべきか迷いますが、こんなものもあるということで~。

|

« 不満を人に伝えるのはよいこと、不満を人にぶつけるのはみっともないこと | Main | 日記:激忙 »

Comments

はじめまして。
トラバありがとうございました。

インターポットの存在は全く知らなかったので,興味深いですね。あと,機能拡張が実は制限をもたらすという視点,これはおそらくあらゆる技術に関していえることではないでしょうか。ただ,技術や機能は拡張し続けるだろうし,私たちが技術とうまく向き合っていくには,とにかく「その当該の技術を用いるとはどういうことなのか」を吟味し自覚した上で用いる,すなわち盲目的に技術を用いない、これしかないのでしょうね。

Posted by: Gen | 2004.03.09 08:33 PM

まぁ…インターポットでなくてもありそうな気はするんですが^^;。でも「余計な機能を入れていない」まで行くと見当たらないかもですね。

>機能拡張が実は制限をもたらすという視点,これはおそらくあらゆる技術に関していえることではないでしょうか。

技術って結構ユーザにできることを制限する方向に働きますもんね。「これだけ考えればいいよ」って。

紙と鉛筆は永遠に無くならないでしょうねぇ。

Posted by: Shin | 2004.03.10 12:01 AM

写メ日記始めてみまひた(*´∀`)
さむさんの日記見てて、私も絵日記の他に
写真とかはっつけたいなーって思って、
で、今回のしんさんの日記見て、
「やろう」って思って、早速…(*ノノ)
これは毎日更新目標にしようとおもひまふ(`・ω・´)

Posted by: ちゃま@チツ | 2004.03.10 06:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 表現ツールによって個性が強調されたり制限されたりする:

« 不満を人に伝えるのはよいこと、不満を人にぶつけるのはみっともないこと | Main | 日記:激忙 »