« SE/コンサルタントって何だろう | Main | 古い記事をどう生かすか? »

2004.03.04

なぜメタブログは蔑視されるのか

メタメタブログ。

Tokyo Forum: 「メタブログ」の背景を知る
いつもツッコマブルな記事をありがとうございます。:)

メタブログを始めとするメタ議論は、それがもし本来別に語ることがある人が論じだすと、あるいは考え出すと、本来語ることについて考える時間を削ぐ要素であるのは確かです。それが蔑視されたり、メタブログ論に「陥る」といった表現で言われる理由。

meta な視点は重要ですが、それは object をよりよくするための物であるはずです。

メタブログって言葉どおりなら上記の目的、すばわちより良い環境を目指すための議論のことを指すに過ぎないのですが、どうもその言葉自体に似非評論家のイメージを持たれてしまう状況があるようですね…-_-。

例えば、人間が人間について言及するメタな行為を「哲学」といいます。高尚でしょ(笑
だから、メタだからといって否定的になることはないです。

そうですよねぇ。何しろこのサイトは philosophical ですから:p。

「メタブログとは」というメタメタブログ論も混沌としているようですけれど、こちらは一定のコンセサスが得られるはずと思っていたのに、どうも蒸し返されますねぇ。「大上段に構えているようで嫌だ」「べき論になってしまうのがメタ議論だ」と揶揄する方が現れます。「べき論」を始めてしまうと不毛な盛り上がりを見せるので煽りたい向きには最適ではあるのですが。ツッコマブルの典型ですね。(追記)"ツッコマブル"という言葉自体は単に「反響を呼ぶ」程度の意味です、念のため。

メタブログは上記に記した(誤記訂正^^;)上に記した通り、ブログを使っている人/ブログシステムについて論じていることだけを指すはずなのに、その論じ方の一部を見て蔑視する方がいらっしゃいます。実際私も似非評論家は嫌ですが。

これは、ある言葉の定義として、言葉から読み取れる以上の意味を付与しようとした途端に発生する永遠の課題ではあります。

ブログとは?メタブログとは?オープンソースとは?:p

既に「メタブログ」という言葉も元の言葉どおりの意味から離れて多義性を持つに到ったのでしょうね。そうなってくると、互いに異なる前提(言葉の定義)の上で論争を始めることになって、不毛とされる議論に終始するんでしょうね。
もう何も修飾しない「メタブログ」という言葉は安易に使えないのでしょうか…。
或いは逆に、meta という接頭辞自体の持つ曖昧さがもたらす悲劇かも。あるテーマについて話す人自体を指したり前提を指したり表現方法を指したり。
例えばブログ上でブログの使い方を論じることはメタブログですが、ブログ上で論じられるテーマがメタブログであるなぁ、などと論じることもメタブログです。後者は「自己言及」ではないように思うので、そこで「メタブログ」と「自己言及」の違いが出てくるのかな。で、後者は大上段に構えていて嫌だ、と感じ、前者は不毛だなぁ、と感じられてしまう、と。ふむふむ。

と、まぁメタ議論は「べき論であるか?」とかに関して論じる行為はメタメタメタ論になるわけですが、そうやってメタ化していくのも問題解決に当たっては絶対必要なことです。通常、よりメタなレイヤ程答えが単純化(*)されます。そして、一段メタな部分を解決し、それを前提として object について考えるのです。
メタ論が始まるのは、一つには、今話されていることの前提に疑問を感じるから、と言えるかもしれません。だから、「それは前提だ」と思っている人との間で平行線になったりします。

*:(追記)リンク先が不適切でした。こちらの方がいくらかマシかなと思うけど、どうもそもそも「メタなレイヤ程答えが単純化」に関してはまだ自分が言及してなかったかも_o_。


そうすると、次は「では、この表現形態のあるべき姿とはどのようなものだろうか」という思考が働き

こうなってしまう方はいらっしゃるのかもしれませんが、こういう思考が根底にあると忌み嫌われますね。
私はこう考えます。

「この表現形態はこういう特性があるのね。ふむふむ。ならこう使えばより効率的だな。」

自分がそうしようと思うだけなのか、人に強制しようとしているかの違いでしかないと思うんですがどうでしょう?

というわけで、自分が過去に書いた記事へのリンク集的な記事でした。
…それにしてもやっぱり論旨をまとめるのが下手だな…おいら-_-。確かにまだもやもやしてるかも。自己言及論なのかコミュニティ論なのかを明確に分離すればよさそうだな。でも、この駄文も将来自分の意見をより明確に表現するための布石/訓練と思って公開っ^^;。


※"meta" の対義語がわからなかった(元が接頭辞だし)ので、メタな視点から見ての"meta"の付かない対象のことを "object" と表現してみました。適切な用語を知っている方、教えてください_o_。

参考:Kodama's World, Late May 98
哲学、ですねぇ^^;。あ、念のため、直接上記話題に関連するわけではないです_o_。

|

« SE/コンサルタントって何だろう | Main | 古い記事をどう生かすか? »

Comments

メタなんとかに対するものは、object、あるいは「対象」でいいんじゃないでしょうか。対象言語とメタ言語、とか言いますし。

Posted by: nana | 2004.03.06 01:22 PM

たしかに、target language とはよく言いますね。
で、target か、object か…迷ったといいますか…^^;。
object でよいと言っていただけてほっとします^^;。

Posted by: Shin | 2004.03.07 12:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜメタブログは蔑視されるのか:

« SE/コンサルタントって何だろう | Main | 古い記事をどう生かすか? »