« 原因究明は思慮のセンスを磨くが、その判断を絶対と思ってはいけない | Main | さらに改造>ページ内見出し一覧 »

2004.01.26

カテゴリーの閲覧性がかなり高まった(全見出しの抽出)

facet-divers: 本文の見出しを抽出するスクリプト

より。
すばらしいですね~。

今までバックナンバーとかカテゴリーが閲覧し辛かったんですが、これで見出し一覧が作れます。:)

というわけで、さっそく自分好みに改造させていただきました_o_。

extractContentHeadings01b_p.js です。

フィードバックを兼ねて変更箇所を箇条書きにて。

  • サイドバー向けに書き出しタグを<ul><li>にした。

  • 書き出し位置をid="listHeaders" を持つ要素中にした。

  • <h3>のみを抽出するようにした。

で、マイリストの「メモ」に以下の HTML を貼ってます。

<div id="listHeaders"></div>
<script type="text/javascript" src="/philosophical/extractContentHeadings01b_p.js"> </script>

この日記は後で自分が見ることを考慮してそれなりにタイトルを考えて書いてたので、タイトル一覧は嬉しいです。
ってか、何で標準で無いのか不思議…。

これで、「最近の記事」が不要になりました^^/。
ただ、「最近の記事」を取り除いちゃうと、検索などで特定記事に飛んできた人には「最近の記事」の一覧も見れないことになってしまうので、その辺が微妙。両方置くのも馬鹿らしいし…。

一応「記事一覧」マイリンクの項目は「トップページ(最新の記事)」としてみましたが。

少なくとも自分が見るに当たっては、これで非常に楽になりました^^/。
facet さんありがとうございますぅ_o_。

(さっそく追記)
やっぱり日付もほしいので <h2> も抽出することにします^^;。
個別記事のときに「コメントを書く」とかもリスティングされるのがあれですが^^;。

|

« 原因究明は思慮のセンスを磨くが、その判断を絶対と思ってはいけない | Main | さらに改造>ページ内見出し一覧 »

Comments

遅くなりましたが、トラックバックやコメント、どうもありがとうございます。facetです。

いろいろ改造して公開していただいてけて本望です(^^)。次回スクリプトを作るときには参考にさせていたきたいと思っています。

ところで、TigerさんのところのShinさんのコメントも拝見させていただきました。自分なりの考えをレスしておきました。Tigerさんのところは討論場みたいなもんでしょうから(笑)大丈夫だと思いますが、よろしければそちら等でまた引続きご意見ください。
http://tiger.air-nifty.com/tigers_logs/2004/01/post_85.html#c44930

Posted by: facet | 2004.01.28 at 08:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568/137897

Listed below are links to weblogs that reference カテゴリーの閲覧性がかなり高まった(全見出しの抽出):

» 見出し一覧テクニック・改 [あそびをせんとやうまれけむ]
見出し一覧テクニックが完成で紹介した「facet-divers: 本文の見出しを抽出するスクリプト」ですが、早くも、サイドバーに表示するように改造したバージョン... [Read More]

Tracked on 2004.01.27 at 01:20 AM

» サイドバーへの記事一覧表示 [観測気球]
facet さんの「本文の見出しを抽出するスクリプト」と、その改造例「カテゴリーの閲覧性がかなり高まった(全見出しの抽出)」を参考に、サイドバーに投稿日別に記... [Read More]

Tracked on 2004.01.27 at 01:48 AM

» さらに改造>ページ内見出し一覧 [philosophical ]
philosophical : カテゴリーの閲覧性がかなり高まった(全見出しの抽出) より。 少しでも余計な情報を表示せず、且つ少しでも閲覧者が余計なステップを... [Read More]

Tracked on 2004.01.27 at 02:41 PM

« 原因究明は思慮のセンスを磨くが、その判断を絶対と思ってはいけない | Main | さらに改造>ページ内見出し一覧 »