« 「心理学化する社会」感想3 | Main | 現実世界は意思を持った非同期コンピュータ »

2004.01.14

人の思想の価値に権威は関係ない

語り口やら趣味やら実績やらの問題で、意見が穿った見方をされたり興味を持たれないことって多いけれど、思想や意見の正当性とは無関係。聞く側は絶対に忘れてはいけない。

もちろん表現する側も、意見に興味をもってもらう努力を怠ってもよいわけではないけれど^^;。

ただ、有名人になると、指摘する人の数も膨大になるので、S/N 比は変化しないとしても有効な指摘と詭弁/屁理屈を見極めるのに掛かるコストは膨大になるのよね…。で、知らない人からの指摘だったり、過去にとんでもない意見を言っていた人からの指摘だったりすると、無視しがち。自分がある程度の権威になっちゃっていると、他の人が萎縮して反論しにくくなるという現象もあったりするので、堂々と反対意見を言えるのはそういう人である比率が高くなると思う。

もちろん個々に反論していく必要はないだろうけれど、意見の正当性の評価をする際には、誰からのものであっても一旦その人の人格と切り離すようにしないとね。

|

« 「心理学化する社会」感想3 | Main | 現実世界は意思を持った非同期コンピュータ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人の思想の価値に権威は関係ない:

» 他にもいろいろやり方はあるだろ症候群 [philosophical]
レビュアーとか上司って、よくこういうことを言うわけです。 あと、既存のサービスに対して技術者の観点で文句を言う場合もそうですね。 評論家もか。 自分がそれに近い... [Read More]

Tracked on 2004.02.08 12:01 AM

» 不満を人に伝えるのはよいこと、不満を人にぶつけるのはみっともないこと [philosophical]
はい。いまさらコメントのしようもないかな、と^^;。以前「指摘と怒りをはき違えないように」とも「指導と(以下同文)」とも書いたし。 あと、最近特に気にしているの... [Read More]

Tracked on 2004.03.08 12:27 PM

« 「心理学化する社会」感想3 | Main | 現実世界は意思を持った非同期コンピュータ »