« December 2003 | Main | February 2004 »

2004.01.31

そこそこのツッコマビリティだった^^;(blog と「議論」の形)

ツッコマビリティ(或いはツッコミビリティ)についてはこちらとそのリンク先^^;。
元記事はこちらです。

[it1127の日記 : ■今日の気になること02J31]

   『blog は議論に向かない』ではなくて
   私にとって『blog は議論に向かない』が正しい記述

うーむ。違いますねぇ。
元記事では自分の「こうしたい」という思いは書いてないですから。
単に(不十分な観測対象からだけど)観測したこと/印象を元に分析を試みたに過ぎないですし。
「閲覧者は(MLなどの場合と比較すればいくらかは)大変だろうな」という点は私の想像でしかないですが。
と、自分の記事を読み返さずに書くことでさらにツッコマビリティを残してみる^^;。

[めブログ-虚勢と知ったかぶりの夕べ: ネットに議論の応酬なんかいらない]

単に読者の立場から見ると、言葉の小さいブロックがやりとりされる形での、議論の応酬というのはあまりおもしろくないのです。

こちらは、趣向としては解ります。私は割とそういうのも見るのが好きですが^^;。
人がどういう部分に反応/固執するのか?とか考えるのも興味深いと思っていたりしますし。

ただ、私は先に書いたような「水掛け論」のようなものは「議論」とは思っていないです。
そういう意味で、上記で言われている「議論の応酬」と私が考えようとしている「議論」は違うものではないかと思います。ML や掲示板で水掛け論が多くなる、というのは参加者の質にもよって往々にしてあることですが、それは別の問題と思っていますし。

あぁ…そうか、「議論」って「互い(或いは多くの人)の考えを述べあって、さまざまな見識があることを知る」というのと「問題の解決を目指して提案/評価を重ねていく」という二つがあって、blog で向いていないと思われるのは後者で、前記事ではその前提に触れていなかったあたりが「ツッコマビリティ」でしょうか^^;。
前者についても、今のシステムだと集約するのにコストがかかるだろうな、とも思いますけれど。
だからといってその点を改善したい、と強く思っているわけではないです。Tiger さんもおっしゃるように、より向いている「場」を使えばいいだけですから。ただ、楽して改善できるようであればその可能性は模索してもいいかなという程度で。

blog のシステム上だからこそ議論(意見交換)が有意義な方向に向かい易い面もある、というのはずっと興味深いと思っているわけですが、今回ネタにしたのは、この形態だと「全ての意見をトレースするのは難しい(だろうか?)」ということと「新しい記事に埋もれて忘れられて行きやすい」というあたりです。
で、何度もどこかで議論されているはずだけどちゃんと調べずに書いてるあたりもツッコマビリティを残してるなぁ、と思ってます。
誰かが過去の議論の結果を教えてくれるかもとかも思ったり^^;。
そういうことをするのも、「blog はオーナーが書きたいことを書けばよい」と考えているからにほかなりません。

これは blog に限らないと思いますが、この手のシステム自体に関する議論は、一定の結論が出ないまま収束していくように見えて、実は各自なりの結論で何らかの改善策をこうじて公開する、ということが後になって行われ、その結果、良いものは受け入れられて普及し、良くないものは淘汰される、ということが自然と起こるので、「議論で一定の結論が出ないから問題」という訳でもないあたりがまた興味深いと思ったりもするわけです^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

blog は議論に向かない

まぁ、ある程度やっている人にとっては既に当たり前な共通認識でしょうけれど。

トラックバックを使って指摘/反論を述べたりすることは比較的日常的に行われていますが、会議や ML などで行われるような「議論」とは全く様相が違いますね。
ペースも一回の発言量も全然違うし、そもそも何回も主張のやりとりをすること自体が滅多に起こらない。
ほとんどの人は 1,2回で主張を言い切って、最後に誰かがまとめ記事を出すという程度で、ある種の「深い議論」にはなりにくいですね。

水掛け論/平行線で延々とという状況になりにくいという利点もありますが。
結果的に反射的に書くということが抑止されてるのね。
ってか、これが重要で、それが blog の議論スタイルを形成しているとも思えますが。


主張がさまざまな「場所」に散在し、トラックバックやリンクによる言及を辿って追いかけてもまったく時系列にならないので、議論の流れを追うのも非常に辛いですね。
時系列に追おうと思ったらファーストポストを探し出してそこからトラックバックを追いかけることになるでしょうけれど、トラックバックは打ち忘れられていることも多いですし。

自分の主張に言及している人は referrer 解析や FeedBack などを利用すれば発見できるけど、閲覧者には無理。いや無理ではなくてもそんな面倒なことはしたくない。親切なオーナーは自分の主張への言及を探してきてリストアップしたりしますが、これは割と苦痛な作業でしょう。もちろんオーナー自身はさらなるフィードバックを欲しいという思いもあるので積極的にその作業をする意義はあるんですが、自動化できたほうがいいに決まってます。

おっと話がそれた^^;。そういう作業を補佐するシステムの話もいいんですが、今回は ML や掲示板で行われていたような議論の形態を blog にももっとうまく融合できないものかなぁ、という事を考えたいのです。

「コメント」機能は web 掲示板と同等なので、そこで議論がされるケースはよくあります。
が、誰のページのコメント欄でその議論がなされるのか?という問題が出てきます。
ファーストポストした方のページですればいいんですが、議論の派生や成り行き上、他所で行われることも多い。
そして、自分が一度コメントしたページを忘れてしまっていて、返事が書けないという状況になることも多々あります。

blog オーナーのほとんどが、各自のページ上でちょっとした議論が可能なコメント欄を用意しているが故に、見えないところで同時進行な議論を呼び起こしているという状況です。あと、トラックバック/コメントベースだと、blog オーナーでない人の意見を吸い上げにくくもなります。議論の場としてコメント欄を提供する際には匿名投稿も許さないとなぁとか思います。

現状は派生した議論まで追いかけられるパワーがあり、且つそれを整理してやろうという親切な誰かが労力を払うことで何とかなっている議論もありますが、blog の各ページが各オーナーのものであるかぎり、どうしても紳士協定にしかならないですね。

もちろん「議論がループする」とか、おそらくこの記事も含めて「話題が蒸し返される」事も多々あって、それに比べれば些細な問題かもしれませんが。


ところで、こんな企画を目にしました。
きのうの出来事: 「みんなの掲示板」設置募集!

なるほどぉ、沢山の blog に議論が分散しているという現状に対して、沢山のサイトにまたがった掲示板を設置するというのが改善のヒントになるやも知れませんね~。議論をしようという場合にはコメント欄は使わないようにして、それに言及した日記上にこのような掲示板を都度設置しちゃうとか^^;。本体は単独でも存在できるようにしていて、ね。

議論に興味を持った人全員に見える埋めこみ共有型掲示板をサービスする、と。
面白いかも。設置はごく簡単なタグ貼り付けだけで出来るようにして。

でも、「コメント欄を使わせない」ことはできないので、強制力は無理にしても何らかの形で紳士協定の周知がされないとうまく回らないだろうなぁ…。

| | Comments (13) | TrackBack (7)

2004.01.30

こういうところが 2ch らしさか^^;

[切込隊長BLOG ~俺様キングダム: 今年一番泣ける野球関連スレッド]

今年一番泣ける野球関連スレッド
 これは泣ける。
【野球】井川、球団提示2億円変わらずまた保留

リンク先まで見ずに読み流しちゃってたんですが、ふと見ると…。
うぷぷぷ。確かに泣けます^^;。おいら的には 46~。

ってかこれ、ニュースに関する話題じゃないかよっ!!っとベタに突っ込んどこう:p。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人間は本能として"癒し"機能を持っている

[Passion For The Future: 赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識]

新生児微笑。産まれたばかりの赤ん坊が眠っている間に微笑する現象。この微笑は一部のサルにも起こるらしいが、本能的なもので、感情の表出というわけではないらしい。この微笑は母親の注意を惹き世話をさせる効果がある。自然の生き残り戦略の上で、遺伝子に組み込まれた仕組みなのだろう。

まさしくそうだと思います。人間の赤ちゃんは他の生物とは違い、長い間親に面倒を見てもらわないと生きていけません。
そんな生態で生き抜くためには、親の気を引く愛らしさも組み込まれた機能として持っていなければ成り立たないわけで。
当然親の側にも赤ちゃんのような形態を他のものより好む、あるいはそれで癒されるという機能が組み込まれているのも解ります。

で、赤ちゃんが他の人を癒す機能が大人になったからといって消えてなくなるわけではないはずだ、とも思います。
一人では生きていけないとはよく言われますが、コミュニケーションを求める、またコミュニケーションによって他人が癒されるというのも、実は本能的な事象かもしれません。

「愛されたい」「愛したい」ですか。

なぜ、そういう気持ちになる or そういう話題が尽きないかというと、人間という生物になっていくうえでの進化の結果なんでしょうね。

で、「自分は人に愛されたいとは思わない」なんて口でいう人だって、実は愛されたいという本能はあり、愛されると喜びを感じちゃうんですね。で、本能として愛されるべく行為を無意識的にすることがある。
逆に他の人を愛するという行為が自分にとっての癒しになっちゃうのも、ただ生存するためには不要だけど、子孫を残すためには必要だからなわけで、なんつーか、笑顔を見るとほっとするとかいうのも、見事だよなぁ、とか思ったり^^;。

そういうふうに、なぜ「愛情」があるのか?とか考えているなら、「話を聞かない男、地図が読めない女」みたいな本もすんなり読めるのよね。最近になって読んだから話題にするけど^^;。
この本に書いてることには、結構女性が拒否反応を示すらしい。
ある人の書評によれば、男性は女性に比べて感性が欠落している部分が多い、ってことが力説されているというのに。

脳に絡めて主張しようとしているために胡散臭い部分もあるけれど、多くは事実を語ってますよねぇ?>読んだ方^^;
もちろん本の冒頭に書かれているとおり、あくまで傾向の話であって、ひとくくりに論じているわけではないわけです。なのに「ひとくくりにするな」みたいな批判が出ているのがなんともですが。

話が飛んだので戻してっと^^;。

そして3ヶ月を過ぎると、目を見て笑うようになる。昔、「イヌに遊んでもらう本」というのを読んだことがある。イヌは、基本的にはみつめあってはいけないらしい。イヌ社会では目と目を長く合わせるのはケンカを売るような行為なのだそうだ。(だから、知らないイヌに真正面から目を見て近づいてはいけない)。他の動物もほとんどそうらしい。そして、この本によると、人間と一部のサルは愛情を持ってみつめあう珍しい例だそうだ。微笑みかけると微笑み返す。
ウチの息子も目を見てこちらが笑うと笑うようになった。興味深いのは、息子の機嫌が悪いとき、あやそうとして笑いながら目をみつめると、なんと、首を曲げて目をそらすのだ。何度続けてもそらす。意図的にやっているのは間違いない。彼としては喉が渇いたとか暑いとか暇だとか、問題が解決されるまでは、笑いたくないのだろう。パワープレイ的なコミュニケーション戦術は、生後5ヶ月で既に始まっているのかと感心した。

あははは。うちの娘ももう3歳ですが、機嫌が悪い時は頑固ですにゃ^^;。
それでも最後には必死に親の機嫌を取ろうとしたりもします。健気なり。

「目を見る」というのが(ほぼ)人間に限られた行為というのは知りませんでした。
興味深いですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.29

雑談ざんす~(since 2004.01.29)

このサイト自体の掲示板です。各記事とは無関係な話や私信に近いもの、雑談など~。
[ぴっくあっぷ。]さんが設置していらっしゃるinobbsのようなものも興味深いんですが、ちょっと狭いなぁなどと思い、あとせっかくコメント欄あるしぃ、と思い、このような形態にて。
よろしくです~。

| | Comments (88) | TrackBack (0)

ベテランでも若手でも

「新技術が登場してもベテランは自信を失うな」 : IT Pro ニュース

「最近、この“変わらない部分”を身につけていない開発者が増えてきた。そんな開発者に限って、川底のほんの小さなくぼみに足をとられたといった、それほど深刻でない事態に直面しても、おぼれそうだと言わんばかりに慌てふためいている」と山谷氏は厳しく指摘する。「そのような開発現場でベテランのスキルを生かすべきだ」(山谷氏)。

ふふふ。私の知るかぎりでは、ベテランでも「変わらない部分」を身につけてない人が多いですけどね~:p。
「理解していても実践は難しい」事ではあれど、理解すらしていないんじゃないか、と思うことは多いわけで。

経験に関らず、ちょっと考えれば当たり前のことをちゃんと押さえられる人が優れているわけですが、下手したら経験が長いほどに今までの誤ったやり方でばたばたしながらもなんとか納品できたという(業界用語でデスマーチといいます:p)事実に固執して、思考停止する傾向すらあるのではないかな^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RSS reader の読者とアクセス数(全文 feed について)

私は RSS reader を使ってます。SharpReader を使っていまして、今回の記事は他の RSS reader では当てはまらない記述もあるかもしれません_o_。

いきなり余談ですが、RSS reader を使ってると、着目する blog はすべて RSS reader に登録(subscribe)してしまうので、MyBlogList などを使う必要性がなく、そうすると閲覧者に自分の興味を持っている blog などを知らせることができないなぁ、なんて思ったりします^^;。まぁ別にいいかとも思うけれど、自分のページが他の人の MyBlogList にあると嬉しかったりもするので、できれば公開したほうがいいという気もするんですけどね。
オーナーが着目する人/blog なんかは余計な情報と思う人もいるので、そういう意味でも設置を躊躇したりもしますが。だからこそ、ここに書いたようにこういった情報をデフォルトで折り畳んでおくのは良いと思うんですけどね^^;。


さて、本題ですが、私は記事全文を feed しています。
具体的には(ココログの場合)、設定>公開用設定の一番下にある設定項目「ウェブログの記事の連携設定をオンにしますか?」で「はい(記事の全文を連携する)」を選択しています。
こうしておくと、RSS reader で読む時にサイトにアクセスせずに全文が読めて楽なのです。
自分の見る blog がみんな記事全文を feed してくれないかなぁ、なんて思ってしまったりもします^^;。

が、そうすると、その blog に全くアクセスされないままコンテンツが読まれることになるわけで、web 上での見映えに熱心な方やサイドバーなどに見て欲しい情報がある方は、すべきではないということになります。

ついでに、アクセス数も稼げません:p。

閲覧者のことを一番に考えるほど、オーナーの思惑通りにいかないわけです。

もちろんアクセスが多いことが解ることは果たしてオーナーの思惑か?という話はありますが、少なくとも励みにはなるでしょうしね。私の場合なんかは、RSS reader な読者には Web 拍手などは全く使われないことになります。

それでも、私は全文を feed します。

RSS reader で subscribe して読んでいる方は、言ってみればブックマーク(お気に入り)からのアクセスと等価で、オーナーにとってもっとも嬉しい読者でしょう。全文を feed していることで、そういった人がどれくらいいるかはわからなくなりますし、アクセスカウンタを設置している方は数値が若干伸びにくくなるでしょうけれど、その分隠れた読者がいるんだ、と上向きに考える材料になるかもしれません:p。

というわけで、アクセスカウンタなどを置いている方で、アクセス数の伸びが悪いと感じていらっしゃる方は、feed の設定を確認して、「実は見てる人はもっといるんだ」と悦にひたることを推奨します:p。

何が言いたいのかよくわからん文章だ^^;。
一言でいえば「全文 feed は私にとって嬉しい」かな^^;。
それにしても最近 meta blog ばっかし…-_-。格言ネタが尽きたのか^^;。
でも、blog ツールを使ってればツールや利用者のことを考えたくなるのは当然だしねぇ。
それもまたいいでしょうて。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

[ひとこと] ping 送信先が追加できん

なんで自由入力できないんだ…ココログ…。
(cocolog ping server/weblogs.com しか選べない)
http://ping.myblog.jp
に送りたいのに…。記事毎にトラックバック欄に書けってか…。

(追記)
ってか、調べもせずに書いてたけど、更新通知 ping は XML-rpc のメソッドらしい。
ってことは trackback とはプロトコルが違うはずなんだけど、http://ping.myblog.jp
に trackback ping を送るとちゃんと新着として反映された。
これは、http://ping.myblog.jp がそういう対応をしてくれているからか…?
っと思ったら、ぴっくあっぷさんより、

>ココログに直接PING先を設定していなくても
>MyblogList側には反映されるようですよ。

そうか^^;;。myblog.jp 側で巡回してくれてるのね^^;;。って事は当然、
http://ping.myblog.jp への trackback ping なんか無視されてますわね…悪いことした^^;。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.01.28

例のぷよぷよは

Polifonia Caffe'(2004-01-27)#p01

はっ!!これはまさしく7行プログラミング。

7行プログラミングといえば2ちゃんねる、プログラム板にありましたな…まだあったのか…^^;。
お、作成者を発見。
7 line programming
素晴らしき職人芸ですねぇ^^;。

他にも7行プログラミングで検索すると職人さんはたくさんいらっしゃることが分かります。

昔は一画面プログラムなんていうのをよく作ったものです^^;。
(プログラム全体が80文字*25行の画面に収まるように作るの。当時は BASIC)

その文化から生まれたお遊びなんですよね。

(追記)
こんなのもあります。
Wiki/7wiki - 『7行で書くWiki』 う~んすごい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相手に何かを伝える手段とその重み付け

ono: 怒鳴る事が出来るのはどの通信コミュニケーション手段か?

で見つけさせていただきました_o_。

[rickdom: トラックバック]

リアルに会う>>メールorメッセンジャーで話す>コメント書く>トラックバックする>>>アクセス解析

あ、興味深い。
というわけで、相手に何かを伝える手段とその重み付けについて、先の記事の Web 拍手とかも絡めて自分勝手に書いてみようかと^^;。でも真剣に考えるの面倒なのでたたき台レベルにしかならないな-_-。

まずは分類から。コミュニケーション手段全般を考えると無数になるので、ここでは特定個人の Web 記事に対するフィードバック方法に限定してみます。


とりあえずリスティング

手段としては何がありますかね…。

略記内容
会うリアルに会う
電話電話(テレビ電話)/音声(ビデオ)チャットする
手紙手紙を郵便で送る
IMインスタントメッセージを送る
携帯メール携帯宛に電子メールを送る
メールパソコン宛に電子メールを送る
コメント掲示板にコメントする
TBトラックバックする
リンク無関係な場所でリンクしつつ言及する
無関係な掲示板や blog などで話題にする(直接リンクはしない)/td>
人伝いリアルワールドで噂する
投げ銭投げ銭する(@Pay などはコメントを付けられる)
Web拍手Web拍手ボタンを押す(且つ、その後メッセージも送る)

他にもあるだろうな。でもまぁとりあえず。

伝えたいという明確な意思は無関係ですので、「噂」も含めます。
あと、「何らかの意思表示」という条件にすると、「物を送る」「お金を送る」「アフィリエイトで買い物する」「該当ページにただアクセスする」なども出てきますが、順位づけが面倒になったので除外して「内容のあるメッセージを伝える」方法に限定しました。
あとは、基本的にはサイト管理者は伝達者のことを良くは知らない、というのを前提にしていますが、電話などはその場合そもそもほとんど不可能になります。が、仮にアクセス手段を持っていたなら、ということにします。


緊急度による重み付け

電話>>>携帯メール>IM>>>メール>>>コメント>>TB>会う>手紙>>投げ銭>Web拍手>リンク>>>噂>人伝い

「会う」の位置はかなり曖昧だけど、とりあえず低いのが特徴、と。


重要度による重み付け

伝えようという意思の強さによる重みづけ、ですね。

会う>>>電話>>>手紙>メール>IM>携帯メール>Web拍手>投げ銭>>コメント>>>>TB>>>>>>リンク>>>>>噂>>>>人伝い

如何に直接的か(当人だけへのメッセージであるか)と、如何に真摯か(それなりの情報量を持っているかも)が鍵か?
そういう意味では、Web拍手/投げ銭あたりは、他の人には見えないという点でコメント/TB より上位ではないか、と。


気軽さによる重みづけ

如何についやってしまうか?という視点で:p。

人伝い>噂>リンク>Web拍手>>>投げ銭>>>コメント>>>TB>>>>>メール>>>IM>携帯メール>電話>会う>>手紙

IM/携帯メール/電話は相手がよく知った人だと気楽さが急上昇しますが、ここではアドレスは知っていても相手は自分のことを知らないと仮定しています。で、「投げ銭」は結構気楽である、という考え方。でもまぁこれもメッセージを付けるか付けないかで気楽さがだいぶ違うだろうけど…。

(追記) 後で分かったんですが、TB を気楽に送る人はかなり多いようです。 私の場合は、トラックバックは相手サイトに自分の紹介文を送りつける(いわば直接的な宣伝)行為なので、コメントよりよっぽど気を使うと思っていたのですが^^;。

肯定の意思表示の度合による重み付け

如何に相手を賛辞しようとしているかを基準に重みづけしてみます。

会う>投げ銭>手紙>>電話>メール>>>携帯メール>IM>リンク>Web拍手>>コメント>TB>噂>>人伝い

投げ銭が当然のごとく上位に。匿名か顕名(匿名の反対を指す用語)かを考えると難しいんですが、ここではリアルに会う場合も含めて「匿名」と仮定して順序づけてみました。それでも「会う」をトップにしたのはそれくらいして伝えたいんだ、ということで^^;。相手の迷惑を考える人なら「会う」「電話」はずっと順位が低くなるかな^^;。
あと、「リンク」は「良いコンテンツだから紹介したい」という思いから来るのでコメント/TB より上位になります。


否定の意思表示の度合による重み付け

如何に問題かを伝えようとしている場合の、問題度合いによる重みづけです。
伝えようという意思の強さではありません:p。

人伝い>噂>>>Web拍手>>>>コメント>>>メール>手紙>リンク>>>>>>TB>>>>>>>IM>>携帯メール>>電話>TV電話>会う>>投げ銭

もちろん誠実な人ならコメント/TB などを使いますが、あんまりイタタだと直接的に関りたくないかもねん:p。
で、ここで言いたいのは Web 拍手は有用な手段だってことです^^;。

[典型的な女性の場合の重みづけ]とかも書こうかと思ったけどさすがにやめた^^;;

うーん…前提をもっと整理しないと文脈によってすげ~変動するよな…。
これも主観と客観入り交じってるし^^;。まぁ遊びだけど。
誰かバリエーション作って整理してくれないかな…^^;。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

2004.01.27

[ひとこと] SPAM が

自分のアドレスが発信元として送信されている…。
エラーとして数百通戻ってくるよ…-_-。

おまけに自分のドメイン宛にランダムなユーザ名でも数百通…。user unknown は root に届くようにしてるんですがT_T。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

[ひとこと] 娘が

はなくそを食べて困る…。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

さらに改造>ページ内見出し一覧

philosophical : カテゴリーの閲覧性がかなり高まった(全見出しの抽出)

より。
少しでも余計な情報を表示せず、且つ少しでも閲覧者が余計なステップを踏まず、且つ少しでも初めてきた人が見てほしい情報を見つけられるために…^^;;。

さらに改造して、以下のように「最近の記事」と「ページ内見出し一覧」を切り替えるようにしてみました。

トップページ「最近の記事」を表示
個別記事「最近の記事」を表示
バックナンバー「ページ内見出し一覧」を表示
カテゴリー「ページ内見出し一覧」を表示

他の表示形態あるかな…?

バックナンバーの場合は両方表示されてもいいよなぁやっぱり…。
うーん…カテゴリ別のときも表示されててもいいか…?
ということは、「最近の記事」を隠す必要性は無いってことになるのかなぁ…。

逆に、「ページ内見出し一覧」を、個別記事画面に表示したい理由は何かありますかね?

取り合えず独り言モード…。後で考えよう。
それはそうと、今日12時台の人が比較的来る時間帯にバグ入り script を何度もアップロードしてしまった^^;;。申し訳無いです_o_。

(追記)
で、結局「最近の記事」を消すのはやめにして、個別記事やトップページでは「ページ内見出し一覧」を表示しないというだけにしてしまった…。
確かに IE6 だと JavaScript が吐き出した要素の class を見つけてくれないようで、スタイルが適用されませんねぇ-_-。>これも修正した。
取り敢えずこれによって、大抵の閲覧においては今までと同じで、「バックナンバー」「カテゴリー」を見る時のみ閲覧性を向上する、という形になりました。当面はこんなもんかな…。

(追記2)
参考までに現在のスクリプトCSS ファイルです。
どちらもバージョン番号上げるの面倒だったので最初のファイル名のまま上書き更新してます_o_。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.01.26

カテゴリーの閲覧性がかなり高まった(全見出しの抽出)

facet-divers: 本文の見出しを抽出するスクリプト

より。
すばらしいですね~。

今までバックナンバーとかカテゴリーが閲覧し辛かったんですが、これで見出し一覧が作れます。:)

というわけで、さっそく自分好みに改造させていただきました_o_。

extractContentHeadings01b_p.js です。

フィードバックを兼ねて変更箇所を箇条書きにて。

  • サイドバー向けに書き出しタグを<ul><li>にした。

  • 書き出し位置をid="listHeaders" を持つ要素中にした。

  • <h3>のみを抽出するようにした。

で、マイリストの「メモ」に以下の HTML を貼ってます。

<div id="listHeaders"></div>
<script type="text/javascript" src="/philosophical/extractContentHeadings01b_p.js"> </script>

この日記は後で自分が見ることを考慮してそれなりにタイトルを考えて書いてたので、タイトル一覧は嬉しいです。
ってか、何で標準で無いのか不思議…。

これで、「最近の記事」が不要になりました^^/。
ただ、「最近の記事」を取り除いちゃうと、検索などで特定記事に飛んできた人には「最近の記事」の一覧も見れないことになってしまうので、その辺が微妙。両方置くのも馬鹿らしいし…。

一応「記事一覧」マイリンクの項目は「トップページ(最新の記事)」としてみましたが。

少なくとも自分が見るに当たっては、これで非常に楽になりました^^/。
facet さんありがとうございますぅ_o_。

(さっそく追記)
やっぱり日付もほしいので <h2> も抽出することにします^^;。
個別記事のときに「コメントを書く」とかもリスティングされるのがあれですが^^;。

| | Comments (1) | TrackBack (3)

原因究明は思慮のセンスを磨くが、その判断を絶対と思ってはいけない

[ono: それはなぜ起こったか]より、

 原因-結果系は予想ができるし原因究明ができるけど
 刺激-反応系(社会や歴史、コミュニケーションとか)は
 偶然なんだよ

いつも興味深い言葉を紹介してくださっています^^/。

私は、(「心理学化する社会」を読んだこともあり^^;)今の世の中は刺激-反応系のものであってもいつでも「原因化」がされてるなぁ、などと思ってしまいますが^^;。
で、むりやり原因としてこじつけられたり。
でも以前、
[philosophical : 心理学化する社会―なぜ、トラウマと癒しが求められるのか]

原因を求めていろいろ考察すること自体は良いことと思います。責任を求めるのはほどほどがいいけど

こう書いたとおり、原因を求める姿勢は何ら問題無いと思ってるんですよね~。

で、これまた興味深いのが以下です。

企業や学校など組織で、「○○が問題だ、原因を究明しよう」と組織の仕組みやコミュニケーションの問題を取り上げ、トヨタで言われるところの「なぜ?を5回繰り返す」をやってみましょう。
「社長が悪い」「校長が悪い」になります。
確率9割以上。予想可能。

そうですねぇ。なにしろ「組織の責任者」ですから、「社長次第で問題は回避されていたはず」となるのはある意味必然ではあります^^;。
原因追求は何段階もメタ化していくもので、その一区切りの位置が「社長が原因」なわけですが(その先には「文化」「社会」といった方向になる)、そこに至る前にも原因らしきものは沢山ありますしね~。
上記はメタ化を5段階も行えばほぼ「社長」に行き着く、という話ですね^^;。
その何段階かの「原因」のうち、もっとも改善の妥当性がある「原因」を見極める作業というのが人の問題解決力のセンスを向上しますから、やっぱり原因を検討/検証するのは何においても有用ですね。

私的に注意したいのは上記引用にも書いたとおり、そこで見極めた「原因」が唯一と思いこんで「責任追求」に躍起になると、まずい風が吹きはじめる、というところ。

また、「社長が原因」が一区切りの位置にある、というのも興味深くて、そこに行きつく(それ以上メタに追求をしない)ことが多いのは、責任を取れる妥当な根幹であるから、なんですよね~。あぁ社長って可哀想:p。
あぁ、そういえば「社員が悪い」と言った「社長」もいたっけ:p。
でもそこまで行かなくても図太さも無いとほんとにやっていけないでしょうねぇ^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ナウシカ読んでしまってたり

実はこの記事を書いて Amazon アソシエイトを導入した日に左のバナーで表示されていた、風の谷のナウシカ7巻セットを買っていたのでした^^;。


cover

前に読んでたはずなんだけどどうも実は5巻までしか読んでなかったようで、うっかり仕事忘れて最後まで読んでしまった-_-。やばぃ、やっぱすごすぎこの物語は。
そうか巨神兵は最後まで活躍してたのね…もっと早くに死んじゃったと思いこんでたよ^^;。

と、今は感想らしい感想も書く余力無いので今日は単なる日記です_o_。
映画とは違うので読んでいない若者は読みましょう:p。
誰に向けて言ってるんだ?^^;;

さて、仕事しよ…-_-。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.01.25

Web 拍手/アフィリエイトの導入の仕方

Web 拍手投げ銭/アフィリエイト(Amazon アソシエイトなど)を導入するのはいいなぁ、というのを書いたんですが、知人から「よくわかんなーぃ」と言われてしまいました^^;。

そういえばここはココログ。blog 初めて間もない人も多いのでした。
なので、お金に関係せず無難なところで、Web 拍手の導入の仕方について具体的に書いておこうと思います。

Web 拍手とかを入れるのが何故よいのか?については上記リンク先を見てください。
もちろん不要と考えた方は無視しちゃってくださいー。
害がある、というご意見もありましたら教えて欲しいです。

まず、自分用の Web拍手ボタンを作るために、Web 拍手のサイトで「サインアップ」します。

ID/password と拍手ボタンを押した時に表示するメッセージなどを入力して、登録が完了すると、その画面にあなたの Web サイトに貼り付ける HTML 文が表示されます。以下のような感じです。
このサービスのパスワードは重要なものにはしないほうがよいです。
nifty 用のパスワードなどは設定しないようにしましょう。

<form action=http://www.webclap.com/cgi-bin/clap/clap.cgi?userid method=post target=_blank> <input type=submit value=web拍手ボタン></form>

useridの部分があなたの指定した ID になります。

ココログの場合、この HTML 文をマイリストに書くとよいと思います。
私の場合は「その他」というマイリスト(リストのタイプは「リンク」)を作ってこんな感じにしています。
ご注意:作成したマイリストの「設定」で「メモの表示」を「テキスト表示」にしておく必要があります。

マイリスト設定画面

項目の URL は自分なりの Web 拍手の説明を書いた日記の URL にしました。
最初は http://www.webclap.com/ にしてよいと思います。
「メモ」欄に上記のような HTML 文を貼り付けています。
ついでに「良かったら押してね」くらいの一文を入れるのもよいかと思います。
現在のメモ欄は具体的には以下のようにしています。

このボタンを押すと私に拍手が送られます。ただそれだけ。<br/>是非押してやってくださいませ^^;。 <div style="text-align:center"> <form action="http://www.webclap.com/cgi-bin/clap/clap.cgi?shinq" method="post" target="_blank"> <input type="submit" value=" 拍手する "> </form> </div>

元のものと比べるとちょっといじくってますけど取り合えず気にせずに^^;。

で、あとはそのマイリストを公開するように設定します。ココログログイン画面中の、

トップ > ウェブログ一覧 > (blog名) > デザイン > (テンプレート名) > コンテンツ

を辿って、作ったマイリストをチェックしてください。

と、こんな感じです。ココログ初心者向けを目指したつもりなので(あんまり時間かけてなくていいかげんだけど^^;)、説明不足の指摘を頂きましたら改定しようと思います。

Web 拍手を例にしていますが、Amazon アソシエイトやその他のアフィリエイトサービスもココログへの設置方法の部分はおんなじようなもんです。

導入しようという人が増えてくれると、拍手を送りたい人として嬉しいなぁ^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.01.24

労力の分散とコミュニティの衰退

コミュニティは無数にあり、ほぼ全ての人は複数のコミュニティに属しています。
「友達(というより知人)の輪」もコミュニティですから。

単なる友達の輪というだけでなく、何らかの活動主体としてのコミュニティに属している方もいらっしゃることでしょう。
そして、その中には実質的に自分が主メンバーであるコミュニティもあるでしょう。

さて、今はインターネットな時代。興味を表明するとそれについて何らかの実行主体としてのコミュニティが簡単に生まれます。
自分が「これやりたい」と言うだけで、自分が主メンバーとなるコミュニティが生まれる可能性が高くなっています。

意欲/能力ある人ほどたくさんのコミュニティの主要メンバーになってしまって、その時点でもっともモチベーションが注がれた数個以外についてはおろそかになっていくものですね。
他のメンバーが継続して活動してくれていればいいですが、コミュニティの活発さが無くなっていくと、自分のモチベーションもさらに下がっていってしまい、急速な衰退という結果になる、と。

本当に能力のある人は、自分の溢れそうなモチベーションを押さえて、他の人のモチベーションを上げる事のみに注力することが出来るんでしょうけれど、なかなかねぇ…-_-。

格言としては、こうかな。
やりたいことを他人にやりたくさせることができるのが真の能力者

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.23

Web 拍手を導入しよう!

もともとはろじっくぱらだいす(Logic Paradise)で知ったのですが、今は付いてないみたいでその存在を忘れていました。

バカぽんの気ままにデンジャラス: お金持ちになる手段2
にてトラックバックを頂きましてふと思い出しました^^;。

Web 拍手というサービスがあります。
[投げ銭(コンテンツに感謝したなら)]と同様、匿名で小さな感謝を表明できるのがミソです。
アクセスカウンタよりもこっちの方がいいなぁと当時は思ったものでした。

ちなみに、アクセス解析を利用しているのは、ココログが標準で referrer 統計をしてくれないためです。はてな/tDiary 他、普通のサイトでは当たり前にできるのに-_-。ちなみにそのあたりのココロはトラックバックとコメントに書いてます。

ココログにおける閲覧者からのフィードバック機能としては、コメント/トラックバック/メイルが使えますが、何れも匿名でできないため、ある層(特に日本人に多そうな「層」です^^;)には利用が躊躇されると思っています。

Web拍手では、「小さな感謝の表明」だけでなく、したければ匿名でのメッセージ送信も可能という特徴があります。

私は今は匿名でのコメント投稿も有効にしていますが、著者だけに送りたい場合には使えないですし、メイルは当然匿名で送るのは面倒です。そういった要求にも答えられるのが Web拍手なんですね。というわけで思い出したように Web 拍手導入。読んで何らかの価値を感じられたら是非押してやってください。ただ押すだけです。一人で何度押しても構いません。匿名で文句言いたい場合も押してかまわないですよ^^;;;。

あと、Web 投げ銭でも薦められている @Pay ですが、これも匿名で送信できるのが大きな特徴です。@nifty-id さえ持っていればほぼ匿名で送金できるのでココログユーザが閲覧することを想定すると大変向いてますね^^;。
こちらもいずれ導入するかもしれませんが、(これから仕事が忙しくなることもあり^^;)とりあえず保留~。

あ、@nifty-id を持てばインターポットもすぐ始められていいなぁ^^;。
@nifty-id を持つだけなら料金はかからないですので持っておいてもいいかもぉ。

さて、[投げ銭(コンテンツに感謝したなら)]からも辿れるように、これらのサービスを使うということは、閲覧者にとっては有益です。
執筆者にはプレッシャーになる可能性もありますが、それは良い意味でのプレッシャーとなるはず、と考えます。
コンテンツの見やすさを損ねない程度に、皆さんも積極的に導入してもよいのではないかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ACCS より個人情報漏洩調査報告書公開

トップページなのでしばらくしたら消えると思うけど…。
(追記)現在はこちらにあります。

[ASK ACCS TOP]

(2) ASKACCSは、必要と認められる以上の個人情報を入力させていたと考えられる。
 ASKACCSは、不特定の第三者から広く質問を受け付け、それに回答することを目的としていた以上、回答を送付するために必要な最低限の個人情報(メールアドレス等)の入力を求めることはやむを得ないと考える。
 しかし、ASKACCSの質問フォームでは、さらに住所・氏名等の個人情報の入力まで要求していたところ、このような情報まで必要であったとは認めがたい。
 個人情報を扱う際には、その管理に万全を尽くすことはもちろんであるが、それと同時に、そもそも不必要な個人情報は取得しないことも求められているというべきである。

すばらしい。これ、もっと騒いでおくれ。

それにしてもこの「不要な個人情報まで入力させる」ことも、ファーストサーバの提供した CGI がそうなっていたから、では無いのかなぁ…(知らんけど)。
問題の根本はレンタルサーバが用意していた CGI にあるわけで、サービス提供者だけでなく、CGI 作成者にもそういった機能の実装に細心の注意を払うことが広く啓蒙されればいいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

求めるものの意義を理解させないと人を変えることはできない

前回は自分が相手の理想に振り回されると将来的に耐えられがたい苦痛になる(かも)という話でした。
もちろん前回も書いたように、相手の望むものと自分の望むものが一致しているなら変わっていけます。

逆の立場になって考えると、相手を変えさせようとする行為はこういうことになりますかね。

自分がなってほしいと思っている人間像を相手に理解させ、さらに相手の目標をその人間像に向かわせる

ただ「こうしろ」「こうしてほしい」と言うだけでは相手は変わりません。

念のため。「理想の人間像」は「自分がなりたいと思っている人間像」と「相手になってほしいと思っている人間像」の二種類について述べています。

前回は「自分がなりたいと思っている人間像」を相手に納得させようという話でした。
当然、「相手になってほしいと思っている人間像」も相手に納得してもらわないと、同じように苦痛が待っています。

さて、そこで考えるべきは、相手の人にどんな人間になってほしいんでしょう?ということです。
果たしてそれは自分が人から要求された時に納得できる人間像でしょうか?

これらのことを常に心がけながら行動すれば、自分の態度は少しずつ変わっていけるのではないかと思って頑張っております^^;。
自分に当てはめた際に、自分が良くても相手は嫌だと思うかもしれないし、自分が嫌でも相手は問題無いと思うかもしれない、ということもあるわけですが。それを察知せよというのはかなりの高望みだと思う。

よく忘れるのでこうやって文章化する機会があってよかったです^^;。
あと、「相手」は最初「パートナー」と書いていたのですが、限定したくないので変えました。

え?私が相手に望むことですか?
そりゃぁ上記のようなことを心に留めてくれることです^^;。
接近戦^^;でなければどんな思想であっても全然意に介さないですけどね。

P.S.
ほんとは「~なら、人を変えることができる」と肯定形にしたかったけれど、今回のは必要条件にすぎず、十分条件ではないのでこういうタイトル。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

完全な電子投票は不可能…当たり前だけど…

セキュリティ専門家が電子投票システムに「ダメ出し」 - CNET Japan

選挙のような投票を、不正を防止し、且つ投票者の安全を保ちつつ、インターネット越しに行うことは不可能という話。
当たり前な結論だけど、今やっている紙を使った投票だって万全じゃないわけで、リスクの差、つまり程度問題なのよね。この人たちは必死に無謀な挑戦を試みてこういう結論に至ったわけで、具体的に決定的な問題が何だったのかはしらないけれど興味深いです。誰か原本確認してついでに和訳して^^;;

電子投票と言えば「スラッシュドット ジャパン | 信頼できる電子投票はどうすれば実現できる?」というのがあり、大概のことは語られている気がします。
その中でも、この記事がこの問題の難しさを端的に語ってくださっています。(ほとんどまるまるの引用(?)^^;)


シュナイアー「暗号技術大全」 [sbpnet.jp]に、電子投票プロトコルの要件が列挙されています(一部省略して引用):

1.有権者しか投票できない
2.みんな2回以上は投票できない
3.ほかのだれかがだれに投票したかは、誰にもわからない
4.だれも他人の票を複製できない
5.だれも見つからずに他人の票を書き換えられない
6.すべての投票者は、自分の票が最終的な評決で考慮されたことを確認できる

個人的には4.辺りは要件としては一番希薄な存在だと思うのですが、実はこれが一番難しいそうです。1,2,5は解決できるプロトコルがあるようです。個人的には、3が一番難しいんじゃないかと思います(後ろで上司が投票している姿を確認する、という問題)。何かしらの専用機器で解決する問題かな、という気は何となくしますが、具体的な物品を考えたことはありません(でした)。

私は「誰が投票したか」に関しては、投票したという事実を管理する組織を信頼するしかないかなと思っていますが、「誰に投票したか」についてはチケットとしてワンタイムなキーペア(PKI 用語)を発行し、投票内容を集計人の公開キーで暗号化したものにワンタイムなキーペアの秘密キーで署名する、というのが思いつきます。

チケットはカードにでも突っ込んで配布し、有権者データベースにはチケットの公開キーのみが入る、と。

そうすると、

1.チケットが無いと投票できない
2.同じ秘密キーで署名されていたら二重投票が判明する(署名検証しないと判らないのが辛いな)
3.集計人以外にはわからない
4.複製は可能だが二重投票が出来ないのでOK
5.書換は署名により不可能
6.自分の署名した情報の存在を確認可能

と…なるか…?あんまりちゃんと考えてないので抜けあると思われ^^;。
抜けが無かったら「不可能」という結論になるはず無いしねぇ。
一番に思いつくのは集計人が信頼できるか?だもんなぁ。
集計段階では署名を取り除いた票の集合だけにして、複数人の目の中で開票作業を行うというのが考えられるけど、署名を取り除いた瞬間に脆弱になるしなぁ-_-。乱数IDも併用して何とかならんかなぁとか思いは馳せてみたりするけんども。
カード制作会社は信用出来るんかいな…。
投票所にあるであろうカードリーダも同じく…。


あぅ、技術ネタは別の日記でしようと思ってたんだけど、CNET へのトラックバックのテストも兼ねて~^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.22

投げ銭(コンテンツに感謝したなら)

アフィリエイト、理想と現実(あるいは「いかにして余はアフィリエイターになりしか」) : ウェブログ@ことのは

を読んだ後、おもむろに Amazon アソシエイトを入れることにしました^^;。

ほんとは以前からWeb 投げ銭に賛同し、小額課金にも興味を持っていたんですが、ビジネスとしては継続的に調査するにしても、自分の Web サイトではどうにもやる気が起きなかったんですね。
そのもっとも大きな要因は、大したことを書いていないから、なんですが。あ、いや、自分のサイトではフリーなプログラムなんかも公開してたりするので、言葉より気楽な小さな感謝の表明手段としての「投げ銭」はありだったのかもだけど、とりあえずやってません^^;。

で、(今仕事中なので細々書いてられないんですが^^;)こっちはいろいろな意味で導入しやすいなぁ、と。

今後、もし紹介したい書籍なんかがあったらアソシエイトなリンクを利用したいと思います。

主にそういう使い方を目的にしていたんですが、私の紹介するものと無関係に欲しいものがあった時でも、サイドバーにあるバナーを経由して購入するだけで、私のところに僅かなチャージがある、ということで、投げ銭よりもさらに僅かな感謝の表明方法として、サイドバーでバナーを利用可能にしておくのもありかなと思ったのでした。

念のため:私の感覚は、「Web 投げ銭」と同じです。お互いに何も強制するものではないです。

サイドバーには今は単なるベストセラーが表示されているだけですが、今後、自分のお薦めを表示するように変更予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

好きな人の理想に合わせようと必死になると後で苦労する

ふらふらと恋愛系 blog などを見ていた時にふと感じたこと。

好きな人に好かれようとして、相手の好きな人間像を求めて一所懸命になる人がいます。

好きになっちゃったらしょうがない、というのはそうなんだけど、自分を押し殺して一時的に相手の心をこちらに向かせても、メッキはすぐに剥がれます。剥がさないようにずっと努力するのは無理があります。そうするとその相手との関係を保つのは双方にとって苦痛になります。

自分がその人の好みの人間に変われればいい(ただ演じるだけではなく)わけですが、人間が変わるには時間がかかります

誰しも理想の人間像は持っているはずで、それを目指して継続的に何らかの努力はしているはず
今の自分、または自分の目指している人間像を好きになってくれる人が現れるのをゆっくり待つのがよいのではないかと思います。

せめて、自分の目指している人間像の良さを分かってもらう、という形でアピールしたほうがよいなぁ、と。
あるいは、相手の求める人間像の良さを心から認めることができるなら、自分の目指す方向性を変えるのもありです。が、そのための努力をこれから始めるのだから、時間がかかることはお互いが納得しなければなりません。しかも、その新たな方向性への変貌は結局実現しない可能性が高いのが辛いところ。

いずれにせよ、自分の理想とする人間像と相手の求める人間像が一致しなければなりません

ま、こんなんは「恋愛」の次のフェーズかな、という気がしないでもないですけどね^^;。恋愛は大抵衝動的だろうしねぇ…。

媚びてなくて誰にも好かれないなら、それは自分の理想とする人間像が間違っているか、理想に全然近づけていないか、ですね。もちろん好かれる人間になりたくないなら「間違い」ではないですが。

で、こういう話(「媚び続けるのは苦痛」だという話)はサイト運営やらコミュニティ形成なんかにも通じるのよねぇ。こっちの場合は嫌われるようなことも、「話題」となって人気になることもあるけど。一定以上"近づく"といろいろあるもんです^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2004.01.21

おれおれ詐欺の進化系か…

涙声で夫の声を聞き分けられず、おれおれサギに

ふーん。知人の登場場面を極力少なくしているわけですね。
知恵、使ってますねぇ^^;;。

とりあえず、まだこの程度なら、すぐに現金の話に持って行こうとする時点で怪しいと思えますね。もうちょっと知能的になると、うまく口を使って「証明は xxx-xxx-xxxx に電話してくれ」とか言って第三者、第四者がいるかのように錯覚させるとかしてきそうだ。

とにかく、自分が既に持っている連絡ルートを使って確認しましょうね。:)

(追記:2004/02/11)
さらに最近は子供の悲鳴を使う輩も出てきているようです-_-。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「させていただく」って変?

[はてなダイアリー - FlowerLounge はてな版]

去年の紅白歌合戦で夏川りみが、今日は素敵な衣装を着させていただきました、のような内容の発言をしていて、お前は自分の着る物すら他人の許可を得ないと着られないのかよとツッコミを入れたくなったりしたが、どうもこの「~させていただく」と言う言い方、本来は由緒正しい言い回しのようだ。

ふーむ…。リンクさせていただきました^^;;。まぁこの場合は頂いてないので:p、ちゃんと書くなら「(勝手ながら)リンクを張りました」「引用しました」でいいんだけど。

えーっと、上記引用の場合、どう言うのが正しいのかな?
ちょっとマジでわかんないおいらって日本語不精?-_-

許可/指示をもらったんではないのかいなぁ…。

「着せてもらいました」→「着せていただきました」
「着させてもらいました」→「着させていただきました」

単に「素敵な衣装を頂きました」あるいは「頂戴いたしました」はいいやね。
でも上記のどれでも別にいいと思ってしまうけんども^^;。

[らさせていただく]
ここなんかを見ると、単に恐縮がる謙譲表現が変だ、という話なんだろうな、とは思うけど。

そしたら、「素敵な衣装を着ました」か。変やん…。

ここには、

この言い方のいやなところは、卑屈な土下座根性が下敷きになっているところにある。人間関係の社会学を考えるならば、自分に対する相手の立場を、自分に指示命令することができる主人であるかのように擬制して発する言葉が、この言い回しである。
あなたは私にこれこれのことをさせる権能をもっている。その指示をありがたく頂戴して、私自身の意志としてではなく、あなたの意志を実現させていただくのです。
と、心理的な関係をほじくればこんなもんだろう
こんなふうに書いてある。まぁそれは使いどころが変ならそうだなぁ。
実際に「自分に指示命令することができる立場」であればよい、と。

「素敵な衣装を着させていただきました」は例が良くなかったのでは…?
「誰に」が抜けているから変に見えるというのはわからないでもないですが…。

で、[らさせていただく]の方も見た上で、「させていただく」の濫用、されてるなぁという点については同意。気を付けよう^^;。
こういう公衆の場に向けての表現としては、「~させていただきます」よりは「勝手ながら~いたします」なんだろうなぁ、とね。でもやっぱり目くじら立てるほどのことでもないな…^^;。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ジェイソン虫

じぇいそん

ローカルなネタですんません^^;。
もともとはここ、インターポットの知人しか知らなかったんだけど、最近はいろんな人が見るのでつぃ恐縮に^^;;。

これはジェイソン虫というらしいです。

害虫らしいです。

葉っぱをしゃりっ、しゃりっ、って釜で切るようです。ちがった、鎌か。
くしだんご(木の名前)の葉っぱに付いております。
葉っぱはどぶろく、もとぃどすぐろくなっております。そいえばドブログってどうなんよ?ココログは確固たる地位を築きつつあるけど。やっぱネーミングか?:p

害虫は退治せねば。
でも、可愛いので退治しないで飼っている人が多いです…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

火星にワサビですか

[読売]

【ワシントン=笹沢教一】米航空宇宙局(NASA)は19日、火星無人探査車スピリットが初めて撮影した、大型岩石の接近画像を公表した。中央にある幅数十センチの岩を「サシミ」、右の岩を「スシ」、一帯を「ワサビ地区」と命名した。

ぶ。なんで…?^^;
次はビントロがいいなぁ…。

岩の中から黒い液体が出たらショーユだろうなぁ。
そしたら、次の火星探査機の名前は OAISO だな。

(追記)
リンクをミスっていたので修正_o_。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

アイデアは混乱より生まれる

逆に言うと、「秩序の中からは新しいものは生まれにくい」ってか。
私、話題を発散させるの大好きです:p。
整理整頓もあんまり好きではありません。一度しまい込むと目に入らなくなったり、また片づけなければならないという強迫観念からまた引っ張り出すことを躊躇ったりするので。

雑談してたら面白いことが思い浮かんでも、「さぁ、アイデアを出そう」と言われてなかなか出てこないという経験、ありませんか?

何が言いたいって、きちきちやることがよいとは限らないってことさ:p。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.20

任意のサイトをお母さん言葉(?)に

Okasannizer - 「お母さん」フィルター

[小ネタBlog~純情派]で、見つけさせていただきました_o_。

「お母さん」フィルター。
好きなサイトのURLを入力すると、
お母さんが乳幼児をあやすような言葉遣いに変換してくれます。

だそうです。:)
で、ここでも変換してやろうかと思ったら、UTF-8 なページは対応していないらしい…。うむむ。ココログはほぼ全滅じゃなかろうか…?残念。

んじゃ、ここでも:p。オリジナルはこっちね。

うむむ…お母さん言葉なんだろうか…これ^^;;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「下書き」機能にご注意

記事作成時に「今すぐ公開」と「下書き」が選択できます。
下書きにするととりあえず公開されずに、あとで日付を調整して公開出来るのですが、このときのココログサーバの処理にバグがあるようです。

「下書き」保存した記事より後に起稿・公開した記事がある場合、「下書き」しておいた記事を公開した際の新着扱いになる内容が、先に公開していた記事のものになってしまうようです。

具体的には、「記事の編集」画面の並びで、投稿時にもっとも上にあった「公開」状態の記事の情報になるということです。
ping サーバには記事情報は飛ばないのかな?

おかげで同じ記事が2回もココログ新着記事に掲載され、新しく公開した記事は新着に載らない、という-_-。

適切に新着として掲載してもらいたい場合、下書きした記事がある時は、その記事を公開する前に新たな記事を公開しないようにしなければなりません。

ココログ・スタッフルームにでも報告すればいいんかいな?

まぁ、この挙動を利用した遊びも出来る可能性あるかもしれないけどね^^;。

(追記)
この後の「任意のサイトをお母さん言葉(?)に」という記事も「下書き」に入っていましたが、日付を公開時刻に設定して、再度「下書き」で保存したにもかかわらず、公開した時の新着にはこの記事の情報が流れてしまいました。
やはり「下書き」記事がある時は新たな記事は書けないな。

ま、新着に載るかを意識しないならどうでもいいんですが、「ココログ新着記事」を RSS reader で見ていると、自分のだけ Date が古いのが気持ち悪い-_-。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひねもす、とは

内部の知人から話を聞いた外部の人として、知っていることをお教えしますとも^^;。

[ひねもすのたりのたりかな: ひねもすつながり]

どなたか「ひねもす」についてご存じの方がいたら、そのへん教えてください。

って、既に一週間も前だったのか-_-。見つけたのが今日だったのです_o_。

ひねもすとは、おっしゃる通りの紙を巻いたものでして、積み木というかレゴみたいなブロックと同じように自由に組み合わせていろんなものを作る、というものです。
紙は新聞に挟んである「ちらし」を利用できますので、「積み木」相当品自体をタダで作れる、というのが売りです。
購入するのは紙を巻いたり穴を開けたりする機具で、ひねもすキットと呼びます。

棒は太さの違う二種類が作れます。「おおもす」「ちいもす」といいます。
おおもすにパンチで穴を(いろんな位置/角度で)開けて、ちいもすを差し込んだり、最近は別売りのジョイントを使って楽に連結したりできるみたいですね。
私は年末のエコプロダクツショーに娘を連れていったんですが、こーんな感じで、チラシですごいもの、作ってました^^;。

エコプロダクツショーのブース

あ、娘が作ったわけではないです。念のため^^;。なんちゅうか、言葉では説明しづらいんですが^^;。

ひねもすを作ったのは、「マリオ」や「ゲームボーイ」「ワンダースワン」を作ったことで有名な故・横井軍平さんとずっと共に仕事をしていたという瀧良博さんだそうです。>スポニチの記事

家の娘は ENEOS(ガソリンスタンド) の CM を見るたびに「ひねもす♪」と歌ってくれちゃいます…。まだ3歳で自分ではうまく巻けないのでいつもおいらが巻いている…-_-。

あ、前に「ひねもす」で検索したらバンドの「ひねもす」がいっぱい出たんですが、おいらそっちの方は知らないです^^;。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.01.19

自分が天才だと思う人は大成しない

もしかしたら天才かもしれない症候群

すばらしい考察。:)
良い文章ですのでリンク先も読んで下さいねん

ここでの「天才」は、「人より少ない労力でものすごいものが作れてしまう能力」ですね。カリスマ性などとは無関係に。
人から天才といわれる人は数知れずだけど、自称天才ですごい人なんていないよ。
少なくともまだ成果をあげていない段階でそう思っちゃうと既に負け組。
で、上記では、「自分は天才じゃない」と言いつつ、向上への労力を払わないという、「結局は天才と思ってるんでしょ?」な人がいるよねってお話。
はい。います。そして、自分がそうならないように…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

読者を引き寄せる方法

バカぽんの気ままにデンジャラス: ガンガン読まれるタイトルとは

参りました^^;;。私も同じようなことを書こうとしていた矢先ですが、ほぼ全て言いつくしてくださっています。
継続して良い内容を書き続けなければ読者は付かないですが、そもそも見つけてもらえないとしょうがないので、(読者を増やしたいと思っているなら)ここに書かれていることは皆さん是非ご参考にしてくださいませ。

特に投稿時間帯は言及しようと思っていたところだった^^;。

後一つ付け加えるなら、本文の冒頭も興味を引く内容にしておくとよいでしょうね。
トラックバックや ping サーバへの更新通知では、本文の先頭数十文字が送られ、それもいっしょに新着情報として表示してくれるものが多いので、そこでこれから述べる内容を書いておくと、本文を読もうという気になります。

この記事のように、元ネタの引用からはじめる時は微妙ですけど。
そういうときこそタイトルを一層工夫、ですかね。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

流行語?

[あそびをせんとやうまれけむ: 誤読を避けるココロ]

誤読されるかも知れない、わざと危ういところを残す、そういうネタを記事にする、というある意味、あざといことをすることもあります。
いわゆる「ツッコミビリティ」ですね(笑

ありそう、というか今までもよく見てます。今までは「煽り」と呼ばれてきたものですね^^;。
で、ここに書きたかったのは、「ツッコミビリティではなくツッコマビリティではないか?」ということだけだったりして:p。

(追記)
「流行語」というキーワードでやってくる方がすさまじく多いので(ページランク高すぎ^^;)、参考までにネット界隈の現在の流行語(?)を表示するサイトをご紹介しておきます。

Bulkfeeds Buzzword

流行になるかどうかはわからないけれど、今話題になっているキーワードが見れます。

(追記)
あと、こちらも。
頻出キーワード&レアキーワードランキング

| | Comments (5) | TrackBack (0)

戻るボタンって欲しいものなのね

Tokyo Forum: 「トップページへ戻る」を付けよう

および、そこに付いたコメントによると、プロフィールページに「戻る」ボタンが欲しいという人は思いのほかいらっしゃるようです。
みんな ALT+← は使わないのね…。

ま、それはともかく、自分としては問題無いと思っていてもできるだけ多くの閲覧者のことを考慮すべきなのは当然なので、うちもプロフィール(「興味のあること」欄)に以下を追加することにします^^;。

以下でもよいです。 戻る


(追記)
すみません。タグそのまま打っちゃダメだよね^^;。以下です。
<form><input type="button" value=" 戻る " onClick="history.back()"></form>
or
<a href="javascript:history.back()">戻る</a>

(追記2)
筋としては、<a href="/">トップ</a> としたほうがいいんですけどね。
前記は JavaScript をオフにしていると動かないし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

絶対音感テスト

絶対音感テスト。

90だった。でもちょっと考えすぎ(ずる)かも。実態は50あるかどうかだと思う^^;;。
というか、少しは分かる自分が意外だった…。


(追記)
上記は無くなっているようです。代わりに以下のサイトを紹介させていただきます。

音感テスト
絶対音感テスト
音感テスト
(追加)
音感鑑定 運命鑑 / 貴方の運命、いろんな視点から鑑定します

| | Comments (4) | TrackBack (3)

読みやすいレイアウト?

このページは「デザインをいろいろ弄ってみた」のようにブラウザの幅に合わせて本文の桁数を変動するようにしたんですが、一般的にはどうなんでしょうね…?
私は読み手が読みやすく変更できるこのスタイルのほうが絶対いいと思っているわけですが(フォントサイズを固定しないこともね)、ニュース系サイトのレイアウトなどで顕著なように、幅を固定するほうが一般的には読みやすいと思われているようです。
そりゃ大画面で最大化しちゃうと読みにくいといえば読みにくいけどさ…。

変えて欲しい方がいらっしゃったら教えて欲しいです_o_。

うぅ…タイトル書きかけで間違って Enter 押して空記事を公開しちゃったよ-_-。デフォルトボタンは「確認」にしといて欲しかった…-_-。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「この記事を連携」のないページ

Ocolog - オコログ -: 連携表記を削除しないで

ココログの場合、「この記事を連携」の有無に拘らず、blog 自身の URL(トップのURL+blog名)の index.rdf を RSS reader に登録すれば良いですね。

うちのページの場合は http://shin.txt-nifty.com/philosophical/index.rdf だにゃ。

(追記)
この辺の記事、オコログさんを読み中にさっと書いたんですが、既に自分の日記でも言及されてました_o_。
Ocolog - オコログ -: RSSリンクを表示していないココログからRSSを得る
まぁ、RSS reader 使うくらいの人なら大抵はすぐ気付きますわな^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.18

過去の記事からのトラックバック

誰かの過去の記事に対してトラックバックを行うのは、ある意味実害の無い行為。
マナーとしてはその記事へのリンクをちゃんと付けるほうがいいだろうけど。

トラックバックは相手のページに自分へのリンクを付けさせる機能であって、自分から相手への道筋は別途リンクを張らないと作られない。コメントとしてリンクだけ書き込む行為とほぼ等価と思うけど、short description とかを自動で送り込む程度には楽ということか。

さて、それでは今見つけた他人の記事が自分の古い記事と被る話題だった場合、古い記事からの ping を打つ行為はどうなんだろう…と、今日やってみて思ったわけで^^;。

状況に応じていくつかの立場に別れるんだろうな。

  1. 自分が既に考察していたネタだから、それを教えてあげるため

  2. とにかく関連してると思ったから反射的に

念のため:自分の記事で書いた疑問の答えが書かれていたような場合にはトラックバックしても無意味です:p。

今回わたしゃ2で、思わずやってしまった感じ^^;。いいわけすれば、はてなのことに言及してるので共感したといいますか。
して、いずれにせよ、元の自分の記事は古いわけだから、今ならもうちょっと言っときたいこともある、ということもありそう。そういう場合は、自分の記事にトラックバックして新しい日記を起こすのがよいかな?
ネタに困ってなければ古い日記へのコメント/追記でもいいけど^^;;。

そいえば、自分の記事へのトラックバックはどれくらいの人が活用してるんだろう…?

ここに書いたようなことは既に幾人もが考察してるはずだけど、調べる前に書いてるな…-_-。要するに教えて欲しいってことか^^;;

で、この記事は先に書いた通り、古い記事からトラックバックした方(Ocolog - オコログ -: 実は能動的ではないトラックバック)にトラックバック。二つも送ってすみませぬ^^;。

(追記)
そいえば、MovableType の機能としては「最近受けたトラックバック」を表示できるのであった。
過去の記事に対するトラックバックもやっぱ閲覧者にも見えるべき…だよなぁ。
また逆に、そういう環境を想定すると、過去の記事からのトラックバックは若干躊躇するよな。
自分の記事に対するトラックバックも同様。ココログはそういう意味でだいぶ趣が違ってくるね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「100億稼ぐ仕事術」のコメント

著者の堀江 貴文さんの日記より。この方、おいらと同い年かも。

[社長日記 : 100億稼ぐ仕事術の読者感想に思うこと。]

「筆者の経営する会社エッジ社の社員の(ここの社員から聞いたが、)平均就業年数は1年を切るそうである。会社に対する忠誠心(ロイヤリティ)というものも社員は持っていない。完全能力主義社会、といっても労働者であり搾取される身ではある」
そりゃあねぇ、1年の間に100人以上入ってくれば
平均就業年数も短くなるわな。統計的には。
労働者=搾取される側って考えが古いよね。

それだけではないと思う。書籍を見て思ったのは、パートナーとの交流を重視して、社内のモチベーションを引き上げるほうは相対的におろそかになっているんではないかな。
従業員が増えると個々へのケアが行き届かないのは当たり前だし、ビジョンでもって「付いていこう」という気にさせる事が出来るのがもっとも良いはずで、それは成功しているとも思うけれど、従業員や協力会社に対して過酷な義務を負わせ過ぎている可能性も(それに対する「気持ちの見返り」と比較して)。実態は違うかもしれないけれど書籍や上記の態度を見た限りでは、ね。「使い捨て」な気配を感じたわけで。

なお、その点以外ではほぼ全面的に共感した書籍です。
私は、全従業員のケアなんて無理だから、事業の拡大はしたくないタイプ。全体が細部まで見渡せる小さい会社の方が平和で楽しい^^;;。
堀江社長の行動力は、ある意味成功を確約させていると思いますよん。もしも可能なら個々の従業員と一対一で飲める場でも設けられたら良さそうだけど、それはきついよなぁ^^;。
そいえば、おいらの一日のメイル量って…200-300くらいか…うーむ。多種の事業やると爆発するんだろうなぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.17

リンクを「張って」みようかなっと

[朝飯前。: リンクは「貼る」ものか?]

リンクって,ペタッと「貼る」ものだろうか? それとも引っ「張る」ものだろうか? 気になったのでググってみた。その結果,
・リンクを張る:約123,000件
・リンクを貼る:約115,000件
……と,拮抗してますなぁ(^^;

リンクは張るものですが、リンクを貼り付ける事もしますね。厳密には URL を貼るんだろうけど。

そいえば、「リンクする」は変なんだね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

小ネタで小粋なアニメーション

shockwave.com : うるまでるび GOLD

インターポットのデザインもしているうるまでるびさんによる、毎週水曜日に公開されるアニメーション。あと一年以上は継続されるはず:p。

おいらは「No.2 小さい者の知恵」「No.5 ミスターでかあたま」「No.11 ワイルドライフ」あたりが好き。うるまでるびさん自身はカプセル侍を売り出し中だそうな^^;。

うるまでるびさんといえば、ウゴウゴルーガを思い出す^^;。「しかと」とか「ぷるたぶちゃん」とか、うるまでるびさん制作らしいぞ~ってそれはプリプリはかせだってば。ぴゅ~~さぶ~~~:p。

検索したらこんなものも見つけちゃったよ^^;。
ウゴウゴルーガのCGアニメを再現するスレ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今見てるページのリンクを自動生成:AutoAnchor

窓の杜 - 【NEWS】Webページ上の記事を引用してリンクを張る作業を支援「オートアンカー」

blog 的な使い方に非常に向いているツール。web を見ていて気になったその時に、ささっとそこへのリンクを作って避難しておけるの。引用もらくちん~。具体的には選択+右クリックメニューでそのページへのリンクと文章の引用を HTML 化したものがクリップボードに作れます。自分の日記の本文に貼り付けしましょう。
ココログ・クイック投稿よりも使い勝手が良いです。

知ったのは誰かの日記からだったんですが、そこの URL は lost してしまっているアホな私…-_-。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

危機は変化へのきっかけ、希望は変化への後押し

[ono: 吉野家~鋭く変化中!]より。

希望が危機感を上回っていることが変化の条件

すばらしいですね~。私のオリジナルでは無い&オリジナルの出典がどこかはわからないわけですが^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.16

「心理学化する社会」感想4

一応最後まで読んだ…。最終章には著者のスタンスや自分なりの提案が書かれてました。意味がわかりにくいけど^^;。とりあえずラカン派の考えを支持する、ということだそうで。そのあたりに関する感想/意見はもうちょっと背景を理解して読み返してからでないと無理^^;。

本自体の感想としては、buzzword (※)使いまくりで、少なくとも一般人に理解を求めるというスタンスじゃないので、私のような不勉強ものは対象読者じゃなかったんだろうな、というところ。というか、Amazon の書評にも他の方の書籍で予習したほうが理解が深まる、と書いてあるし-_-。
哲学/精神分析を真面目に考えようと思うなら、フロイト/ラカンに関する書籍は最低限読み漁らないと理解するための情報入手もままならないですな-_-。やっぱ当面は思うことつらつらでいこっと^^;。
# この方面に関してはもうちょっと普通の人の感覚でもがきたいし。

一番面白かったのは最後の対談だったかもしれない^^;。

※それっぽく見えて実態/定義がよくわからない専門用語。素人を誤魔化す/煙に巻く際に常用される:p。本来の意味は「流行語」であることも条件であり、この書籍においては純粋な専門用語も多々あるので当てはまらないものも多いけど、とりあえず「(おそらく無意識的にだけど)権威っぽく見せている」「"知らしむべからず、依らしむべし"な態度」という意味では当てはまっているのが多い:p。その後に「話を聞かない男、地図が読めない女」というのを読み出して、一層そう思ってしまう。こちらは論理展開が強引な書籍だけど^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.15

お世辞はきらい

お世辞はきらい 1その他もろもろ。

やみぃの屋根裏部屋より。ふらふらと見つけたんですが、鋭さ、文章力、思想共に素晴らしいと思ったのでご紹介。

なんてゆうか、まさに「共感」だったわ。まだいくつかしか見てないけど全部読む価値ありそう~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内輪な Web ページ?

ARTIFACT -人工事実- | サイトの読者を減らす努力と「儀礼的無関心」

Web と言えば誰にでも見られるのが当たり前だけど、「沢山の人に見られるのは嫌だ、けどぽつぽつはお初さんも来てほしい」という人もいるわけですね。ふむふむ。
そのように考える動機としては、単に恥ずかしい、ということ以外にも、半ば独り言か公園談義のつもりで書いてたのに知らん人からいきなり糾弾された、みたいなことが起こるのがやだ、というのもあるそうで。まぁ、理解できます。

「誰でも見れる」場でもしとんでもな主張/誤った説明をしていたら、それを見て誤解してしまう人を増やさないためにも反論/指摘がなされる必要性はあるんですが、そもそも「誰にでも見てほしくなんてないし自分の主張を世間が認めろなんて思ってないよ」という立場だとしたら余計なお世話。でもアクセス制御を入れるのは導入側もユーザ側も面倒、と。

全個人がユニークID(電子証明書)でも保有するようになれば「あなたは私のページを見てもいいよ」とする行為が簡単になるんでしょうけどね:p。あ、簡単なパスワードでもこの程度の目的になら別にいいか。
でも、新規流入者の閲覧も許可しつつある程度制限されてほしいわけだから、非許可ユーザによる週単位の最大アクセス数を指定できる、なんてのもありかもなぁ^^;。

それはそうと、ココログなんかは「沢山の人に見られる」なんて知りもしない方の比率が他の日記系より多そうだなぁ。
# 某高校生とか、きっとそうだろうなぁ:p

(追記)
このネタ、割と興味を持っている人がいらっしゃるようで、なら、こういうの作ればいいのに、と。
apacheモジュールとか servlet filter として以下のような plug-in を作る。

  • サイトにキーワード(パスワードと等価だが秘匿性のゆるいもの)を設定可能。変更も容易なUIとする。

  • キーワードを知らない人からの一定期間内アクセス可能数を設定可能。

  • 当該サイトへのアクセスはキーワードを含む cookie が送られた場合は無条件に through。

  • 設定したキーワードが cookie に書かれていないアクセス数はカウントしておき、「一定期間内アクセス可能数」を越えた場合はキーワード入力画面へ飛ばす。

  • キーワードが送られたらそれを cookie にセットする。

これで初見さんアクセスをある程度制限しつつ、知人は自由にアクセスできる Web ページの出来上がり。
BASIC 認証のように毎回認証ダイアログが出ることも無い、と。ココログなんかの場合はちょっとした拡張で入れられる機能だ。# 負荷は上がるけど
作れば話題になるかなと思ったのでやろうかとも思ったけど、別にいいや^^;。

(さらに追記:2004/02/05)
上記のような形態であれば、既存の任意のシステムに組み入れ易いと思うわけです。
だから、ホスティングのユーザなどには上記の設定 UI だけが管理画面上に見えるように出来ますし、インストールも「このモジュールを使う」という設定をちょろっと書くだけで済むのではないかなぁ、というつもりでした。
あんまり見られたくない人を大事にしたいっ!!という方、或いは話題になりたいという方^^;、是非どうぞ~。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

現実世界は意思を持った非同期コンピュータ

ここでいう「同期」とは(一時的であっても)物事を逐次的に行うこと。当然「非同期」とはばらばらに、あるいは同時にさまざまなことが行われること。昔のコンピュータは CPU(演算装置) も一つしかないし逐次実行しか出来なかったけれど、今は一つのプログラムを実行するために CPU が複数使われるのもあたり前だし、たくさんのコンピュータが連携して巨大なプログラム(システム)を動作させるようになってきている。

完全な非同期では大きな物事は達成できないので、何ヶ所かで同期(待ち合わせ)を行う必要がある。コンピュータ間のやりとりもそうであれば組織で人を扱う場合もそう。情報/状態の整合性が壊れるのを避けるためには同期を頻繁に行うということがされるが、そうすると誰かの作業が終るのを待っているコンピュータ(人)が多数生まれて性能(生産性)が落ちる、というのはコンピュータの世界での常識。

非同期プログラミングにおいては、「同期は最小限に」がキーワード。当然、組織(人の集団)が物事を遂行するにあたっても、「同期は最小限」が効率をよくする。会議の回数と時間は減らそう^^;;。

ただ、コンピュータ(CPU)と違って、人には「意思」がある。誰かの作業を待っている間にも勝手に何かをするし、他の人を待たせていてもしたいことを優先する。そして、その人自身が充足されるなら、指示とは全く異なる、または指示したこと以上の成果を出してくる。

さて、何が言いたいんだ?^^; 思いつきで書き始めたけど、一つはやっぱり「同期は最小限にすべし」は人にも当てはまるってことだね。他の人を待たせる可能性を極限まで減らすわけだし。おっともちろん個人のスケジュールを決定する上でも同期が必要な箇所の見極めは重要だよ。でもって、人の場合は、同期が必要とならない時間が多ければ多いほど、新たなものが生まれる可能性が高まる、と言えるかもね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.14

人の思想の価値に権威は関係ない

語り口やら趣味やら実績やらの問題で、意見が穿った見方をされたり興味を持たれないことって多いけれど、思想や意見の正当性とは無関係。聞く側は絶対に忘れてはいけない。

もちろん表現する側も、意見に興味をもってもらう努力を怠ってもよいわけではないけれど^^;。

ただ、有名人になると、指摘する人の数も膨大になるので、S/N 比は変化しないとしても有効な指摘と詭弁/屁理屈を見極めるのに掛かるコストは膨大になるのよね…。で、知らない人からの指摘だったり、過去にとんでもない意見を言っていた人からの指摘だったりすると、無視しがち。自分がある程度の権威になっちゃっていると、他の人が萎縮して反論しにくくなるという現象もあったりするので、堂々と反対意見を言えるのはそういう人である比率が高くなると思う。

もちろん個々に反論していく必要はないだろうけれど、意見の正当性の評価をする際には、誰からのものであっても一旦その人の人格と切り離すようにしないとね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.01.13

「心理学化する社会」感想3

忘れてた。もう一つ興味深い話が書かれてました。

  • 少年犯罪が増加していると叫ばれているが、実は減少している。

これです。今まで興味をもって調べようとも思っていませんでしたが、最近になって少年犯罪が問題視されていますが、実際にはずっと少年犯罪件数は減少していっており、特に日本は世界的に見ても若年層による犯罪が少ない国なのだ、と。

目立ってきたことがあるとすれば、「少年の狂暴化」ではなく、「普通に見える少年による不可解な犯行」とのことで、要するにマスコミが好みそうな話題性があるから、と。ま、私の結論は結局マスコミの言うことだから、って事ですけど:p。

あと、この方は「ゲーム脳」について徹底的に批判的な態度を取りつづけているようですが(「ゲーム脳の恐怖」への書評)、この本がトンデモ本であることは(読んでもいない私でも)信用しますが、「ゲーム」が少年犯罪に影響しない、とは断言できないと思うなぁ。ゲームが直接の原因である可能性は0に近いとは思うけど。統計的(臨床的)にはどうなんだろう?あんまり「ゲーム脳は嘘」とばかり言っていると、その意見にミスリードされる人も出てくるのではないかなぁ…。
「ゲーム脳」という書籍のトンデモさと「ある種のゲームによる思考/精神への影響」は別の話。もちろん影響があるとすれば、「ゲーム」そのものではなく、特定のゲームが表現し、人に訴えかけるものが重要と考えているけれど。そして、それはゲームに限った話ではないわけだけれど。

日記ネタのために、後一回に分割しよっと^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.01.12

「心理学化する社会」感想2

心理学化する社会―なぜ、トラウマと癒しが求められるのかの続き、V章まで進行。
# ギリシャ数字の5が化けるよ>nifty

中盤からだんだん面白くなってきた。ただ、まるで自分の文章を読んでいるかのように主張を読み取りにくいので^^;、家庭の時間中にさらさらと読んだ範囲では正確な理解ができていないと思われ。
書籍って、(文量を稼ぐためもあるけど)一つの主調を説明するためにやたらだらだら書いちゃうのよね。この本の場合問題提起の部分が長すぎて、「結局どうだったらいいと思ってるのよ」という著者の主張がどこにあるのか、まだ解んない(書いてあるところに辿りついていない)。これを読んでおいらも、「あぁ、もっとも言いたいことをある程度早い段階で明確に伝えないとな」と再認識できました^^;。
# 自分で書いた本は技術書なので著者の主張を際だたせる必要はなかったんだけどさ。

で、だんだん見えてきた範囲で書くと、どうやら概ねこういうことらしい。

  • トラウマ(過去の心の傷)を分析/公表するのがブームだが、それは傷ついた人の傷をさらにえぐっているね。

  • 世間で"心のケア"と声高に叫ばれるようになってきているが、カウンセリングなどで心だけを解放しても、解決にはならないから問題だね。

  • 「向上したくない人」も認めるべきだね。

  • 無資格なカウンセラーの増殖はまずいね。でも不要でもないから、資格保有者に付随する「責任」効果を期待するために、資格化すべきだね。

  • 精神分析なんてまったく当てにならないね。でも、専門家が不要なわけではない。専門家の知識は重要だね。

  • 世間とマスコミがトラウマ話を欲しているのは、そこに娯楽性を感じてしまっているからで、無神経なことだね。そんな要求の中でコメントしなければならない「心の専門家」は不幸だね。

漏れがあるかもだけど。うーむ…。著者のスタンスが読み取りにくいので下手したら全く逆の主張であるところを読み違えている可能性すらある-_-。それが読み手の問題かは微妙だけど、よぉぉく読めてはいない私にはこんなふうに読めたわけです。

さて、私なんぞは前から「マスコミや世間が欲するものは真相ではなく話題である」と思っているし、「マスコミ/世間(この書籍も含めて)で声高に叫ばれることが真実である可能性は極めて低い」と思っているので、この本を読みはじめての印象はどうしても「建設的な意見が少ないなぁ」となってしまうんだけど、あくまで世間一般の人に対する啓蒙が目的の本みたいだし、そういう方向では価値があるのかな、位の感想、今のところ…。

もちろん、自分としても、考えさせられるテーマはいくつも提供してもらっているので、価値はあります。念のため。
# どちらかというと、文章の書き方についての方が考えさせられてるかもだけど^^;
# てか、もう少し「提案/自分の考え」も書いて欲しかった。まるで愚痴みたいだったし。

「向上したくない人」に関して。
私なんかは書籍中で記されている「ロジャース理論」に近い考え(※)を持っているので、それに対する批判である「成長しない/成長したくない人間の存在は考慮されていない」というくだりは興味深かった。ふむふむ、そりゃそうだ。むりやり成長意識を持たせる必要はないやね。

※性善説をベースとし、人は皆自力で向上していけるようになるはず、という感じ。ただ、私は非指示的であることは支持しないし、少年犯罪に対して、罰則強化が効果的と考える人間ですが。

私のスタンスとしては、「アドバイスはするけど、判断は自分でしてね」という自己責任至上主義、また、「成長しようとしない人の存在を認めるが、手を貸すという意味での甘やかしはしたくない」といったところ。
書籍で問題提起されている事に関する見解はあるけど、それはまたの機会に。


あと、「職人」という言葉の使い方に違和感を感じた。職人は「知らしむべからず、依らしむべし」という人だそうだ。職人のやることに疑問を持つな/口出しするな、と。
んー?職人だから、専門情報を教えないってことは無いと思うんだけどなぁ。職人でありたい/なりたいと思っている人の意見として。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.11

心理学化する社会―なぜ、トラウマと癒しが求められるのか

心理学化する社会―なぜ、トラウマと癒しが求められるのか(斎藤 環; PHPエディターズグループ; ISBN: 4569630545)を半分ほど読み中。

前半ははっきりいって私的にはどうでもよかった。今、さまざまなストーリーでトラウマ(過去の心の傷)が使われている理由は単に勧善懲悪が流行らなくなったから、と思ってるし^^;。

で、まだ途中だけど興味深かったのは p76 の「トラウマの結果は予測できない」の部分。

注:引用は書き写しです。あと、また引きの引用にあたります_o_。

精神分析の批判として、故・西丸四方氏が出したユーモラスなたとえ話がある(創元医学新書『異常性格の世界』)。ある子供が戸棚の中の砂糖をなめては、母親に叱られることを繰り返した。その子は将来どういう人間になるだろうか。
  • ある人はのらくら者になった。母親に叱られすぎて、欲望を押え込んでしまう癖が身についたからだ。

  • ある人はサディストになった。叱られすぎて母親や妻に復讐することに喜びを感じるようになったからだ。

  • ある人はマゾヒストになった。叱られる苦痛を耐えているうちに、そこに快楽を見出したからだ。

  • ある人は同性愛者になった。母親を嫌って父親を愛するようになったからだ。

  • ある人はスキーの愛好家になった。砂糖を雪に置き換えたのだ。

  • ある人は仏教が好きになった。砂糖は甘いので音の連想から「尼」が好きになったからだ。

西丸氏は、ざっとこんな語り口で、この子供の将来のバリエーションを一〇通りほども並べてみせる。…

ぷぷぷ。要するに、今に対して過去の特定の事象に因果関係を見出すのは簡単だね、というお話。逆に言うと、今の人格が過去の特定のトラウマにもっとも大きな影響を受けたことを証明するのは不可能に近い、と。

なんというか、原因を求める姿勢も行きすぎるとこう(たとえば上記の最後の例とか:p)なっちゃうんだなぁ、としみじみ思った。

まぁでも原因を求めていろいろ考察すること自体は良いことと思います。責任を求めるのはほどほどがいいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.10

他人のモチベーションを下げるもっとも有効な手段は自分の価値観の押しつけ

っておぃ逆説的だな:p。他人のモチベーションをあげる方法はまたいつか考えよう…。
# それは永遠の課題と思っている。もちろんもっとも有効な手段は「したいようにさせる」ことなんだけどね。

人は自分が意義を理解していないことをやれと言われるとモチベーションを下げます。「やることになっているから」で納得しちゃう人もいますが(思考停止と言います:p)、それだと積極的にやろうという気になる理由がないので、一定以上の成果にはなり得ません。
その人がもっとも価値を感じていることを尊重しつつも、自分のして欲しいことの価値を理解してもらうことに集中せねばですねぇ。してもらうことに集中するのではなく、ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.09

春といえば…

InterPot: 春のさかり

その前の段階〜。

riku.jpg
(画像は jpeg 変換されています)

なんか、モテモテですな〜。インターポットの中にもこんな人、いそうだな:p。
注:このワニは春だけ追いかけっこするそうです。

ってか、よだれはいかんぞよだれは…。はぁはぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

自分に満足せず、他人は受け入れよう

「人に優しく自分に厳しく」の言い換えでしかないんだけど、要するにそういうことっす。この日記に書いてることのほとんどは突き詰めていくとこれだしねん。
先日の日記にあるとおり「"自分の権利と相手の義務"より"相手の権利と自分の義務"を意識しよう」ってのもあるね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.08

「問題解決力」を高める思考スキル

「問題解決力」を高める思考スキル(1)
(現在第5回まであります。http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/index.html から辿れます。)

これは非常によさげな連載。おいらがここで言わんとしていること(※)をちゃんと裏づけ/説得力ある形で^^;語ってくれています。

※これから言おうとしていたこともあるのでネタ損もあるけど-_-。もちろん考えてもいなかったような視点もあった。

はたから見ていて目的を見誤っている/見えていないことは本当に多い。自分も与太に流れて議論/思考を発散させることはよくあるけど、おおもとの目的は忘れないように気をつけてはいるつもり。でもちゃんと読んでもっかい頭にたたき込みなおすのに最適な記事でした。
特に「論理展開」については自分が全く下手くそと思っているところなのでよーく勉強しておかねば^^;;。
# …ってか、やっぱり本読まなきゃなぁ…と思うよ…-_-。

IT関係の記事ということになっているけど他業種はおろか日常生活でも役に立ちます。
是非みんなが意識して欲しい内容〜。

ところで第3回にある「論理展開における6つの“落とし穴”」ですが、これはまさしく詭弁というやつですな。詭弁は大抵確信犯なので厄介ですが、自分も含めて大抵の人間は自分の考えにバイアスを置いてしまう物なので気付かないうちに詭弁をふるっていたりするのね-_-。気をつけましょう〜。
ついでに、前においらが感心したリストをリンク。オリジナルは 2ch のコピペで誰が書いたかも不明ですが。いつの間にか項目が増殖してるや^^;;。笑える上に感心できるのではないかと。

PukiWiki - 詭弁の見抜き方

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.07

Alertbox:情報洪水から逃れるための 10 ステップ(2004年1月5日)

Alertbox:情報洪水から逃れるための 10 ステップ(2004年1月5日)

ピープルウェアを読んでるんだかいないんだか。

同僚の手を 1 分止めさせると、結果的に彼らの生産性を 10 分奪うことになる。それまでやっていたことを思い出し、「流れ」を取り戻すのに時間がかかるからだ。

それはそのとおり。だけど、
個人的なメール、およびニュースレターのための専用の電子メール・アドレスを設けよう。このアカウントは 1 日に 1 回しかチェックしないようにする。

とか、「仕事中の息抜きをやめさせよう」というどっかの大企業がよくやるポリシーになっているけど、生産性が上がるかもしれないが、従業員のモチベーションは下がるよ。

友人/恋人からのメッセージは嬉しいものでしょう。リアルタイムにメッセージが来るということは、まさに今その友人が送ったということなんだから、その相手の状況を想像するとか、後回しにするのとは違った喜びを感じる人もいます。
推奨するのは結構だけど、この記事を鵜呑みにして禁止とかいいだす企業、ありそうだなぁ-_-。

(追記)
ノイズであるかどうかは他人や規則ではなく本人が決めることだからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デザインをいろいろ弄ってみた

css 差し替え手法を使って幅を広くできるようにしてみた。
ついでなので、色とかも選択できるスタイルには無いものにするとかこまごまと。
また気分で変えることにしよっと。

「css 差し替え手法」の情報ソースはブラウザを閉じてしまって消失したっす_o_。
ココログルを使って、ここから見るとよいと思います。
# css 自体の知識がいるけど^^;。

css はこの辺を見れば勉強できます。
css くらいならトライアンドエラーでも結構遊べると思いますのでお暇な人は勉強してみてはー?

| | Comments (2) | TrackBack (2)

朝日新聞のミスリード?

遅まきながら、朝日新聞の"「ネットの脆弱さに警鐘」国立大研究員が個人情報を公表" についてのコメント。
# 朝日新聞取ってたから朝刊の一面に載っててさすがに目についてはいた^^;。

スラッシュドット ジャパン | 欠陥を指摘するはずが個人情報流出。セキュリティ専門家に捜査の手

やその他いくつかのソースもざっと見た上での感想。

くまの世界観測: 朝日新聞 個人情報漏洩報道の謎
では、

なぜこのタイミングで朝日新聞では1面記事として大きく取り上げたのか。そしてことさら「不正アクセス禁止法違反の可能性」を強調するのはなぜでしょうか。

とされている。確かに変な方向にバイアスが掛かっているようにも見えそうではあるし、背景を知らない人が読んだら、「あぁハッカーって恐いな」みたいな明後日の方向への理解を助長しそう-_-。
# あるいは「office 潰しだ」なんて意見もあって、その可能性も十分あるなと思えたし。
けど、この記事自体はあくまで office 氏が行った、他所の管理する個人情報を特定多数に開示したという行為についての記事、と考えると、この記事自体はおかしな事は書いてないのよね。

さて、スラッシュドットでは、これを糧にしてのダメダメベンダへの脆弱性報告の仕方について議論されてたんだけど、このコメントが良かったです。
トラブルの種は「相手に義務があると思ったり、自分に権利があると思ったりする」ことである、と。
なるほどー。逆を意識できればいいのよねー。>「相手の権利/自分の義務」
報告はすればいいけど、見返りを要求しだすといろいろありますなぁ。

ところで、このページを読む人はセキュリティとか詳しくない人が多いし、このページ自体にミスリードされてもやなので念の為に書くと、web サイトの欠陥はかなりの割合で存在します。
特に個人情報の漏洩については、漏洩が起こっていてもサイト自身が気付いていなかったり、気付いてもユーザには知らせないような所が多いと考えたほうがよいです。特に個人情報の入力をやたら求めるサイトは信用しないほうがいいです。個人情報保護ポリシーと何のために利用するかをちゃんと明記してくれてないと怪しい。
# あぁ、書いておくべきことがどんどん膨らむけどボリュームが大きくなるのでこのへんで_o_。

今回の報道タイミングの裏側はわかりませが、何よりも欠陥の指摘をするのは「悪いハッカー」という程度にしか報道できない朝日新聞の執筆水準でしょう。
こちらはそのとおりですね:)。「指摘/公表の仕方がまずかった人がいた」というだけの話なのにね。ACCS の問題自体も大きく報道した上で今回の記事があれば判るけど、そっちは他所は報道してたのに朝日だけは報道してなかったらしいし。 # 朝日はやめようと思う:p。

報道タイミングについては、office 氏の行動に関して警察が動きだしたから、と誰かが推測していました。まぁ、11月に報道された時とは状況が変わったんでしょう。

一応>academic office(office 氏の web ページ)
ついでに高木さんの日記にもリンクしとこう:p

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.01.06

ココログル - ココログ(Cocolog)専用検索エンジン

ココログル - ココログ(Cocolog)専用検索エンジン

ココログが公開されたのが12/2だったかとすると、すさまじいシステム構築ペース…。Perl かな?
# サクラかなとも思わないでもないけど^^; でももしそうだとしてもかまわないでしょうね。

アイデアもいいですねぇ〜。"?"の多いココログランキングか^^;;
"^" の使用頻度ならおいらのページもランクインしかねないな:p

新着のチェックは ping サーバかな?こういうツールを見ると、今まで HTML をパースしてチェックしてたものが RSS で奇麗な形で提供されるようになった恩恵を感じますな…。blog のおかげで本格的に RSS 普及期に入ったのを実感したので、ぼちぼち手を出そうかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「インターポット」カテゴリ

過去の記事に遡って(またかよっ^^;)、カテゴリを付けてカテゴリ別表示も付けた。
なんか、真面目にやってるなぁ…。
# 実は全然違う系のネタもできるようにするための準備だったり:p。

んで、今まで「ゲーム」というカテゴリにしてたインターポットネタを「インターポット」カテゴリに入れてみたりー。
# 他のゲーム…やってないし^^;;。はっ!!五目並べは最近やってるか…-_-。

でも、メイルでの投稿だとカテゴリ指定が出来ん-_-。
まぁメイルからの投稿だとメイル作成画面の自動改行機能が邪魔になるので、都度オフにするのも面倒で結局今は web から投稿してるけど…。

こうなると weblog writer を開発するしかないのではないですか?nifty さん:p。

# web の FORM で文章を書くなんて狂気の沙汰だし。さっきも書きかけで放置してたら IE 落ちてたよ-_-。

そうすると、当然 reader 機能も付けるだろうし、他所の日記へのコメントも管理できるようにすることができそうだな。
うんうん。開発、請け負いましょうか?:p。
# rss reader は free のが多いけど、ココログくらい規模が大きい weblog システムになれば、そして将来のビジネスを考えているのであれば、ココログに特化したインターフェイスを持つクライアントソフトウェア、あっても充分おつりがきそうではあるねぇ。


(追記)
ふむ、XML-RPC で投稿できるようなので、汎用の writer が使えそうだ。どうしようかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.05

しょうがない、で済ませるとそこで成長が止まる

「しょうがない」ことは一杯ある。数ある個性の中でも良い面と悪い面が同時に発生し、悪い面を改善しようとすると良い面も消失する類いのものとか。たとえば「鈍感/おおらか」とその反対の「神経質/繊細」、同じことなのに良い側面から見た言い方と悪い側面から見た言い方があることはたくさんある。この場合、もちろん良い面を伸ばそうとした結果、悪い面も同時に目立ってくるといったことになりますね。

で、そうして出てきた悪い面は「しょうがない」んだけど、人に対するいいわけに使っちゃいけないと思うわけです。人のことは「しょうがない」と思ってあげないとだけどさ。

で、自分でも他人でも「しょうがない」ことはしょうがないんだけど、だから改善について考えないという態度じゃなくて、まず自覚して、それが悪い面で出てきた時に悪い面が出ていることを意識するようにしたいな、と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.04

やらなければならない理由を何としても理解し受け入れよう

やらなければならないこと…家事とか諸々手続きとか^^;;。世の中の旦那はその辺を嫁に押しつけていることが多いので、多くの嫁さんの不満は「やりたいことができない、時間がない」ということになります。そりゃぁたしかに一生の半分を家事と育児に費やした嫁さんは、いくら忙しくても、

>振り返ればなんて幸せな人生だ、ときっと思うだろうなぁ。

となるかどうかは微妙ですね…。主婦業が好きという女性も割といるとはいえ。
自分は結婚前には「お互い働くなら家事半々、専業なら任せる」といった認識だった気がするけれど、お互い働いている現在半々できているとは思えないし-_-。
# まぁ稼ぎ額の差を鑑みて、半々まではしなくても許してもらえそうだけど^^;。ただそれは「人生の充実」という観点からは無関係な話。

この問題は複雑でまだあんまり考えてないので保留^^;。とりあえずはこのあたり、自分の「幸せ」はなんなのか?の見極めにかかっているような気がする。ただ、その見極めは結婚前にしなければならないんだろうなぁ。結婚は相当な覚悟をもって挑まないといけないってことですねぇ^^;。

それはそうとして^^;、「なんで私が」「なんでこんなこと」と思ったが最後、その機会が来るたびにそれは積み重なるストレスとなるわけで、「ストレスは自分が作り出す」ってなもんで、自分次第でストレスじゃなくすることができるはずなんだな。

不満を感じやすい/感情の起伏が激しい人ほどストレスを感じやすい。もったいないなとよく思う。けれど自分のように何事にも動じなくなっちゃっても感動を感じにくくてもったいない事がある。というか、些細なことに感動できる人は可愛くて羨ましいね。両立できそうでなかなかできる人はいないみたい。

おっとまた話がそれた^^;。まぁここは私のような冷徹君の書いている日記なので、「不満」を「疑問」に集約できるようになれば、そして「やらなければならない面倒ごと」の存在意義をなんとかして受け入れようとする考え方一つでストレスにはならない、という話でした。おそまつ〜_o_。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Time is...

Time is...

昨日(ってもついさっき^^;)のネタをひねりだしたのはこの記事を読む直前だった^^;;。
で、さすがろじぱらというか、若いのに文章うまいよなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.03

時間が足りないと思っている人は一生時間が足りないが満たされている

やりたいことが多い人もいれば、いろいろ口を出してしまっていろんな責任をかぶってしまったせいで手が回らなくなっている人もいる。自分からやるとは言っていないのに人から責任を押しつけられちゃう人もいるか。

この手の人はずっとやりたい/やらなければならないことが尽きない。で、命尽きる時にはやり残したことがいっぱいあるなぁ、って人だけど、振り返ればなんて幸せな人生だ、ときっと思うだろうなぁ。

時間が余っていると感じている人はどうだろう?死の間際にどれくらいの出来事が思い出されるんだろう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.02

誰にも見せなかった成果は実績ではない

人に見せることをためらわないように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.01.01

たまには聞き人形になろう

女性が話をする時は共感を求め、提案は欲しない事が多いという。
おいらが今までここに書いてきた「目的は事態の改善である」とか「自業自得」とかのポリシーは比較的男性一般には多い考え方と思っているけど、女性に対しては通用しないケース(その考えかたで対峙すると逆に話がこじれるとか)がままあるということ。

で、よくいろんなところに書かれている「女性に対しては提案はしないで話を聞くことに徹するほうがよい」みたいなのは、おいらにはちと受け入れがたい。異論があるのにうんうん言えないし、解決手段があるのに言わない、ただ話を聞くという時間を共有するだけだと、なんか自分の成長が阻害された気になるらしい。いや、表面上聞くだけにして、自分の中でいろいろ考えるにとどめればいいんだろうけど、それだと当人が成長しなくて、いつまでたっても同じ内容を聞かされることになるってあたりがね。

ある女性の話では、女性は話をしているうちに自分の中で解決策を見つけだすことができる(※)そうで、そもそも議論がしたい訳ではないそうです。男性でも、人に悩み(問題点)を説明しようと試みることで解決方法がひらめくことはよくあります。そういう場合は提案できなくても話は聞いてくれるという人で充分で、私はよく「聞き人形を利用する」みたいに言ったりします(私の場合はこれは愚痴の話じゃなくて業務上の問題解決の話なんですが^^;)。

※具体的な解決策に限らず、「話を聞いてもらった」ことで「すっきりした」ということ自体が解決だったりすることも。まぁ愚痴ってそういうもんだろうけど…。

で、聞き人形でも問題が解決するならいいんだけど、上の※に書いたようにただ「すっきりした」ことだけが解決だと、根本的には何も解決していないので同じことが繰り返されるのよね。それがちと辛い、と。愚痴を聞くこと自体は「人間」に興味を持っている自分としては割と好きなんだけどねぇ。

提案を実践できずに同じ愚痴を聞かされることも全然どうってことはないんだけど、提案/指摘すること自体を嫌といわれるのはどうもね…。

さて、女性はこの考え方、どう思われるでしょう?まぁ普通にしっかりした方であれば、「提案/指摘すること自体を嫌」とはならないと思ってるんですけどね…一応。

でもまぁ、「聞き人形」の効能も解っているし、割とキャッチーかなと思ったので、タイトルはこうしてみた^^;;;。

# おぉっ今日は元旦ではないか…。おいら的にはあんまり普段と変わんないんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« December 2003 | Main | February 2004 »